ニュース
» 2019年08月19日 12時50分 公開

サグラダファミリアは3000円、日本のお寺は400円 日本は安い旅行先なのか?(4/4 ページ)

[斎藤健二,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

コスト削減ではなく、質の向上による値上げを

 長引くデフレの中で、経営改善は販促活動やコスト削減に注目されることが多かった。しかし、適切な販売価格に設定することで単価を上げられれば、その効果は大きい。「価格を1%改善できると、利益が23%増える。販促やコスト削減よりもインパクトが大きい」と空の松村氏。

価格設定が最も利益へのインパクトが強い(空資料より)

 「ぼくらが東南アジアにいくときと同じで、日本が外国人にとって安く行ける旅行先となっていくのか。物の価値ではなくストーリー価値、歴史の価値で日本が選ばれてほしい」(松村氏)

 外国人から見て、旅行費用が安い国として選ばれるのか、高い費用を払っても価値のある国として選ばれるのか。インバウンドブームの裏側で、日本はそんな岐路に立っている。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -