#SHIFT × Tech
ニュース
» 2019年11月26日 07時00分 公開

手書き文書をクラウド経由でデジタル化できるサブスク型サービス「おまかせAI OCR」

AI insideと西日本電信電話は、サブスクリプション型OCRサービス「おまかせAI OCR」の提供を発表した。ディープラーニングを活用した高い識字率が特徴。

[城戸芳充,ITmedia]

 AI insideと西日本電信電話(以下、NTT西日本)は、サブスクリプション型OCRサービス「おまかせAI OCR」を12月2日から提供する。初期費用不要のサブスクリプション型サービスで、月額3万3000円から(最低利用期間は1年間、税込み)。また協賛パートナー企業へのOEM提供も予定している(要問合せ)。

photo サービスの概要図

 手書き文字認識AIを搭載したOCRサービス「DX Suite」と、NTT西日本の通信インフラを組み合わせたクラウドサービス。受発注帳票やアンケート結果などの手書き文章をPDF形式でクラウドにアップロードすることで、電子データ化(CSV形式)を行える。ディープラーニングを活用した高い識字率を実現しているのが特徴で、ゆがみや傾きのある文書の読み取りにも対応した。また、オプション機能として帳簿種別ごとの出力自動仕分け機能も用意している。

photo OCRのイメージ 黒丸/訂正印での訂正(画像上)や、欄外のはみ出し(画像左下)なども正しく認識が可能だとしている

 今後の展開としてNTT西日本は、「充実したサポートと安心感につながるサブスクリプション型での新たなサービスの提供を通じ、『ソーシャルICTパイオニア』として今後も顧客の課題解決に貢献していく」としている。

photo サービス提供価格

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -