コラム
» 2019年12月04日 18時14分 公開

百害あって一利なし?:就活面接で「彼氏いるの?」 セクハラ質問の“背景分析”がTwitterで波紋 専門家の見解は (1/2)

面接でのセクハラ質問「彼氏いるの?」。この質問の“翻訳”をしたツイートがTwitter上で話題に。セクハラやパワハラは“悪”だが、そもそもなぜこのような質問をするのか。専門家の見解を聞く。

[鬼頭勇大,ITmedia]

 就活セクハラに関するツイートが話題を呼んでいる。その内容は、面接時の「彼氏いるの?」という質問に関するもの。彼氏がいるのか聞く目的は、単にセクハラではなく「企業が望んでいる人材は入社後すぐに産休、育休を取得するような人材ではなく、入社後数年間安定して働いてくれる人材だ」という内容をほのめかしているに過ぎない、と“分析”するものだ。

セクハラ質問「彼氏いるの?」が波紋(出所:ゲッティイメージズ)

 該当ツイートは12月2日につぶやかれ、12月4日17時時点で1.1万件以上のリツイート、3.9万件の「いいね」がついている。学生有志のネットワーク「SAY(Safe Campus Youth Network)」が就活セクハラに関する記者会見を開催するなど、ここ数日インターネット上ではセクハラに関する話題が盛り上がっている。その文脈でツイートしたものだろう。

 セクハラ、パワハラなどの言動は無条件に“悪”だという認識が強い中で、ある意味“逆張り”的な内容から波紋を広げているようだ。ただ、悪だと非難をするだけでは物事は解決しない。そもそもなぜ、こうした質問があったのかを分析することでセクハラ問題解決の糸口が見つかる可能性は大いにあると考えられる。今回のツイートも1つの解釈として、セクハラ質問が後を絶たない背景に、どういったものが潜んでいるのだろうか。

話題となっているツイート(出所:Twitter)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -