なぜあの商品は売れた? 行列研究所が謎に迫る
インタビュー
» 2020年02月26日 11時20分 公開

水曜インタビュー劇場(一丁焼き公演):行列ができる店があるのに、なぜ「たい焼き店」は増えないのか (1/7)

たい焼き店の「御三家」をご存じだろうか。「浪花家総本店」「わかば」「柳屋」――。人気店の前に行列ができていることは珍しくないが、疑問がひとつ。もうかっていそうとなれば、同じような店が増えてもおかしくないのに、そうでもない。その秘密を探ってみると……。

[土肥義則,ITmedia]

 東京でオススメのたい焼き店と言えば? このように聞かれて、「御三家」の名前を挙げる人が多いのでは。麻布十番の「浪花家総本店」、四谷見附の「わかば」、人形町の「柳屋」である。いずれも歴史が長く、シーズンオフともいえる夏場でも、一匹のたい焼きを求めて行列ができることも珍しくない。

 もし「御四家」という表現があれば……いや、記者が個人的に気になっている店がある。JR中央線の阿佐ヶ谷駅から徒歩5分ほどのところにある「たいやき ともえ庵」だ。

阿佐ヶ谷にある「ともえ庵」のたい焼き。皮が薄く、パリパリした食感を楽しむことができる

 2011年1月、JR中野駅南口にオープンし、その後、14年11月に現在の阿佐ヶ谷パールセンター商店街に移転。一匹ずつ型を使って強火で焼き上げる「一丁焼き」と呼ばれる製法でつくっていて、口の中に入れると「パリパリッ」といった咀嚼音(そしゃくおん)が聞こえてくるほど、皮が薄い。また、頭から尻尾までぎっしりあんこが詰まっているのが特徴だ。

 このように書くと、「うーん、皮がパリッとしているのはいいけれど、あんこがたくさん入っているんでしょ。甘すぎるのは苦手なんだよね」と思われた人もいるかもしれない。大丈夫。甘さを控えるために、オーナーの辻井啓作さんは「何軒もの店に足を運んで、あんこの糖度を計った」という。結果、「味はあっさりとしていて、ペロリと食べることができる」といった口コミが広がり、週末には長い行列ができるほどの人気店に。

休日には行列ができることも珍しくない

 ……と、ここまで書いて気になったことがある。たい焼き店の前に多くの人が並んでいると、「もうかっていそうだな。ウチでもやってみるか」といった人がたくさん出てきて、同じような店が増えそうだが、そんな気配がうかがえない(正確なデータはないが、全国に140店ほどしかなく、そのうちの60店ほどはチェーン店)。なぜ、一丁焼きのたい焼き店は増えないのか。その謎を解くために、ともえ庵の辻井さんに話を聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間