3分Biz.
調査リポート
» 2020年10月06日 17時54分 公開

半数以上の飲食店が「コロナの影響でテークアウトを開始」 忘年会シーズンへの取り組みは?

飲食店の経営者・店長931人を対象に、飲食店の年末の営業と採用に関するインターネット調査を実施。その結果、テークアウトを実施していると回答した店舗は68.5%に及び、そのうち54.7%が新型コロナウイルスの影響で始めたことが分かった。

[ITmedia]

 採用ブランディングなどを手掛けるプレシャスパートナーズ(東京・新宿)は、飲食店の経営者・店長931人を対象に、飲食店の年末の営業と採用に関するインターネット調査を実施した。その結果、テークアウトを実施していると回答した店舗は68.5%に及び、そのうち54.7%が新型コロナウイルスの影響で始めたことが分かった。

phot 飲食店の経営者・店長931人の心理は?(写真提供:ゲッティイメージズ)

 「Go To Eatキャンペーン」が始まるなど飲食店への集客支援が行われているものの、調査では76.3%が今年の年末は例年通りの客足に「戻らないと思う」と回答した。

phot 54.7%が新型コロナウイルの影響で始めた(テイクアウトを始めた時期、以下リリースより)

 客足が戻る時期について尋ねたところ、「2021年春頃」が28.9%で最多だった。以下、「2021年夏頃」(27.5%)、「2020年冬頃」(18.0%)と続き、今年いっぱいは厳しい見方をする傾向がうかがえた。

phot 客足が戻る時期

 飲食店にとって厳しい状況が続きそうにもかかわらず、忘年会シーズンに向けての取り組みは「特に何もしない」(28.2%)、「例年通りの忘年会施策を実施する」(27.3%)との消極的な回答が目立った。一方で、「一人用/少人数向けの忘年会メニューに変更する」(27.3%)、「テークアウトに力を入れる」(21.1%)など、今年ならではの工夫をする店舗も見られた。そのほかには、「ECサイトに力を入れる」「家族向けオードブル(に力を入れる)」などの回答もあった。

phot 忘年会シーズンに向けての取り組み

 アルバイト採用については、38.1%が採用活動を実施する予定だと回答。その背景として、「人手が足りないため」(33.0%)、「既存スタッフが退職したため」(32.7%)などが挙がった。コロナ禍ではあるものの、依然として飲食業界の人手不足は続いていることが見て取れる。

phot アルバイトを採用する背景

 なお、現在モバイルオーダーを導入しているのは17.0%、キャッシュレス決済を導入しているとの回答は71.9%に及んだ。注目している技術やツールを尋ねたところ、「キャッシュレス決済」(36.8%)、「事前予約管理」(17.8%)、「顧客管理システム」(15.9%)が挙がった。

phot 注目している技術やツール

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -