3分Biz.
ニュース
» 2020年10月11日 05時00分 公開

タピオカ店が昨対比2倍増、4月以降は?(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

コロナ禍でも根強い需要

 タピオカ関連企業の増加ペースは鈍化した一方、デリバリーやテークアウトとの相性がよく、コロナ禍でも引き続き根強い需要を維持している。名古屋市内でタピオカドリンク店を展開する企業の担当者は、「コロナの影響による休校で学生客は減少したが、サラリーマンなど男性を含む幅広い年齢層の方が買いにくる」と、タピオカ人気の定着を感じている。

 その感触を裏付けるように、2020年1-7月の「タピオカ」と「タピオカ代用物」の輸入量は、ブーム以前の18年同期と比べて、3倍の約3900トンまで増加している(財務省「貿易統計」調査)。

 また、SNSでは「タピオカブームは不況の前兆」だと一時期話題になったが、結果的に今回の第3次ブーム後にコロナショックが到来することになった。新しい生活様式のなかで、タピオカ関連企業はどのようにタピオカを定着させていくのか、力が試されるタイミングが来ている。

photo 規模別では、個人企業を含む資本金1000万円未満の企業が73.6%(92社)だった
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -