メディア
ニュース
» 2020年12月29日 08時00分 公開

大きな環境変化:「コロナで露呈」してしまった、マネージャーの実力 (1/3)

人は危機になったときに、本来の力が試される。 これは今年もっとも感じたことのひとつだった。 今年で言えば、「コロナで露呈」となるのだろう。

[猪口真,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

著者プロフィール:猪口真(いのぐち・まこと)

株式会社パトス代表取締役。


 人は危機になったときに、本来の力が試される。

 これは今年もっとも感じたことのひとつだった。

 今年で言えば、「コロナで露呈」となるのだろう。

 この言葉もよく聞いた言葉だが、これまでいかに従来の仕組みやシステムのなかでのみ、成果を上げることができていた証か。

 今年は、完全に「新型コロナ」一色の1年だった。

 われわれはビジネスにおいて、それぞれの分野、職種、職能に応じて、どのような環境になったとしても、常に成果を出すことを求められているわけだが、どれだけの人がこの大きな環境変化のなかで、変わらぬ(拡大する)成果を上げることができたのだろうか。

 「人の動きが制限される」「人と人が会いづらくなる」「会食ができない」「イベントで人を集めることができない」など、昨年までは考えられなかった事態に陥ってしまい、昭和の時代から仕事をしてきた身としては、これまで培ってきた仕事の仕方を根底から覆されると感じたものだ。

 昨年までは、後輩に対して、培ってきたノウハウを教えることで、ある程度の存在意義を示すことができたし、逆に後輩にも刺激を受けながら、少しずつ新しいものを取り入れることで成長することもできた。

 このビジネス人生のサイクルが壊された1年でもあったのだろう。突然、これまでの成果がほとんど役に立たなくなり、アウトプット、サービスのかたちを変えなければならなくなった。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -