メディア
コラム
» 2021年05月26日 07時00分 公開

男性育休「皆無」→100%に 「休めば、給与が増える」中小企業の“逆転発想”宣言通り(1/2 ページ)

男性の育児休暇取得が「皆無」だったが、「男子育休100%宣言」を打ち出し、見事達成した会社がある。一体どんな工夫を凝らしたのか。

[吉村哲樹,ITmedia]

 昨今「イクメン」のキーワードで世間的に注目を集めている「男性の育児休暇取得」だが、大半の企業では環境は整っていないようだ。厚生労働省が2020年7月に公表した「令和元年度雇用均等基本調査」の結果によれば、女性の育児休暇取得者の割合は83%に上るのに対し、男性は前年度より増加しているとはいえ、7.48%にとどまっている。

photo トモエシステムの公式サイトより

 しかし、中には率先して男性社員の育児休暇取得を奨励し、取得率100%を達成している企業も存在する。神戸市に本社を構える産業用機械部品の総合商社、トモエシステムもそんな企業の一社だ。18年までは男性社員の育児休暇取得は皆無だったが、19年3月に「男子育休100%宣言」を打ち出し、その後育児休暇の対象となった男性社員全員が1週間以上の育児休暇を取得。宣言通り、取得率100%を達成した。

 一体どんな工夫を凝らし、取得率0%の状態から、短期間のうちに100%を達成するまでに至ったのだろうか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -