ニュース
» 2021年06月24日 07時00分 公開

テレワークや子育て社員への対応で、フレックス制を検討しています。うまく運用するには?会議の調整はどうする(1/2 ページ)

Q: 子育て中の女性従業員から、保育園の送迎のためにフレックスタイムを導入してほしいという要望がありました。しかし、フレックスとなると、皆がバラバラの時間に出勤してくるので、会議などの調整がむずかしいのでは?と懸念しています。上手く運用するにはどうしたらよいでしょうか?

[BUSINESS LAWYERS]

本記事は、BUSINESS LAWYERS「フレックスタイム制とは?テレワークで導入する際のポイントとデメリット、フレキシブルタイム・コアタイムを活用して上手に運用するには」(石川弘子社労士/2016年3月31日掲載、2021年03月16日更新)を、ITmedia ビジネスオンライン編集部で一部編集の上、転載したものです。

Q: 当社の女性従業員は子育て中のお母さんが多く、保育園の送迎を考えて、フレックスタイムを導入してほしいという要望がありました。また、新型コロナウイルス感染症対策で、テレワークの導入を検討しており、フレックスタイムを入れるといいのでは?と従業員から要望が出ています。しかし、フレックスとなると、皆がバラバラの時間に出勤してくるので、会議などの調整がむずかしいのでは?と懸念しています。うまく運用するにはどうしたらよいでしょうか?

A: フレックスタイム制は、始業・終業の時刻を労働者が自分で決定できる制度です。しかし、始業・終業時刻を制限なく認めると、全員そろっての会議が難しい場合や、昼夜逆転の勤務をする従業員が出ないとも限りません。そのため、フレキシブルタイムやコアタイムなどを導入して、運用上混乱が生じないようにするのが一般的です。

photo 画像はイメージです(提供:ゲッティイメージズ)

フレックスタイム制とは・導入のポイント・デメリット

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -