連載
» 2021年07月01日 07時00分 公開

中国で“果実酒人気”が爆発、日本企業は「中国の女性」に訴求できるか?浦上早苗「中国式ニューエコノミー」(1/6 ページ)

中国で、果実酒など低アルコールドリンクの市場が急拡大している。新興ブランドが都市部の高収入女性のニーズを掘り起こし、伝統酒造メーカーも相次ぎ参入。アリババECサイトの6月のセールでは、果実酒の流通総額は前年比100%、梅酒は200%増えた。中国の女性に特化したマーケティングに力を入れる日本企業も出てきている。

[浦上早苗,ITmedia]

 中国のアルコール市場で、果実酒など低アルコールドリンクの市場が急拡大している。

 新興ブランドが都市部の高収入女性のニーズを掘り起こし、伝統酒造メーカーも相次ぎ参入している。低アルコール飲料は元々日本の得意分野とあって、これまで重視してこなかった「中国の女性」に特化したマーケティングに力を入れる日本企業も出てきた。

東京のリカー・イノベーションが運営するお酒の通販サイト「KURAND(クランド)」は7月、Tmallに旗艦店をオープンする。中国のZ世代の女性をターゲットに、梅酒やゆず酒などの果実酒を売り込んでいきたいという(クランド提供)
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -