クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
連載
» 2021年07月05日 07時00分 公開

ハイブリッドやEVのバッテリーはいつまでもつ? 寿命を決める温度管理高根英幸 「クルマのミライ」(1/5 ページ)

EVで気になるのは、やはりバッテリーの耐久性だ。寿命はバッテリーの特性によっても異なるが、実際の車両では温度管理などのマネジメントによるところが非常に大きい。

[高根英幸,ITmedia]

 クルマの電動化が急加速している。これまでEVの実用性の低さにまったく興味を示していなかったドライバーも、昨今の電動化が盛んな自動車メーカーの動きに、次なる愛車候補としてEVやプラグインハイブリッド(PHV)を考え出している人が増えている。

 そんなユーザーにとって気になるのは、やはりバッテリーの耐久性だ。新車時の航続距離はカタログスペックの7〜8割だとしても、3年後、5年後、10年後にそれはどこまで維持されているのか。それによって下取り価格がどう変わるか、中古のEVを購入してもいいのかというように疑問も広がっていく。そこで今回はEVのバッテリーについて考えてみたい。

バッテリーは品質と使い方次第

 EVの走行用バッテリーは、PCやスマートフォンのバッテリーと基本的には同じものだ。現在は最もエネルギー密度の高いリチウムイオンバッテリーを搭載し、急速充電にも対応させることで短時間充電と、十分な航続距離を実現している。しかし、新車時はいいが、2、3年でバッテリーが劣化して航続距離が極端に短くなってしまうのでは、と疑っている人も少なくないようだ。

 日産「リーフ」の初代モデル販売時、タクシー会社が補助金と急速充電を利用して導入したものの、2年足らずで新車時の半分も走れないほどバッテリーが劣化したことが話題になった。これがEVのバッテリーに対する信頼性について、ネガティブなイメージを広めてしまったと思われる。

 トヨタ「プリウス」も初代はニッケル水素バッテリーのマネジメントが不十分で、すぐに蓄電容量が減少しほとんど亀状態(バッテリーの蓄電量が少なくなると亀のマークが点灯し、充電を優先するため加速性能が低下した)になったが、二代目以降はバッテリーの寿命はかなり長くなり、三代目では驚くほど長寿命になった。

 ただでさえ採算の合わなかった初代プリウスでは、能力の低下してしまったバッテリーを無償交換するという高い勉強代まで払って、トヨタはバッテリーマネジメントのノウハウを学んだ。つまり、これらはバッテリーの品質や性能ではなく、バッテリーのマネジメントが稚拙だったことが大きな原因だ。

 もちろんバッテリーの品質自体も寿命や安全性には大きく影響する。日本製のEVやハイブリッド車が日本メーカーのバッテリーを採用しているのは、性能面だけでなく品質の高さを重視しているからだ。

パナソニックがEVなどに車載用バッテリーとして用意しているのは、円筒型と角型の2種類。形状が異なるだけでリチウムイオンバッテリーとしての能力は変わらない。高性能だが高価なNCA(ニッケルーコバルトーアルミニウム)系のリチウムイオンバッテリーだが、エネルギー密度を高めながらコバルト使用量も減らしている
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -