メディア
ニュース
» 2021年09月21日 08時52分 公開

コロナ禍における転職の実態調査 業種・職種転換をした人の割合は?リクルートスタッフィング調べ(1/3 ページ)

転職者におけるキャリアチェンジ(業種・職種転換)の実態調査を実施。コロナ禍でキャリアチェンジした正社員1320人から回答を得た。

[秋月かほ,ITmedia]

 リクルートスタッフィングはコロナ禍に前職と異なる業種または、異なる職種へ転職を行った人を対象に、「転職者におけるキャリアチェンジ(業種・職種転換)の実態調査」を実施。その結果、コロナ禍に転職をした人の59.5%が、キャリアチェンジ(業種・職種転換)をしたことが分かった。

田舎のイメージ 転職者におけるキャリアチェンジの実態調査、結果は?(写真ACより)

キャリアチェンジ実施の有無

キャリアチェンジ実施の有無 キャリアチェンジ実施の有無(出所:リリース、以下同)

 まずコロナ禍に転職した人に「キャリアチェンジを実施したか」と尋ねたところ、「前職と同じ業種、同じ職種に転職した」と回答した人は40.5%で、残りの59.5%は前職とは別の業種あるいは職種、そのどちらも異なるキャリアチェンジを実施したことが分かった。

 キャリアチェンジをした人に前職と現職の業種・職種を聞いたところ、「前職とは別の業種、別の職種に転職した」(異業種・異職種への転職)が47.5%と最も多く、20〜40代どの年代でも割合が高かった。

 なお、年代別異業種・異職種への転職率は20代で52.3%、30代で44.1%、40代で46.2%だった。

キャリアチェンジの内訳 キャリアチェンジの内訳
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -