クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
連載
» 2021年12月20日 07時00分 公開

旧車ビジネスが拡大するワケ レストアでクルマは新車状態に高根英幸 「クルマのミライ」(1/5 ページ)

日産自動車とその関連会社や部品メーカーが、30年乗り続け26万キロもの走行距離に達した日産シーマを8カ月かけてレストア作業を行い、新車のような状態まで復元したことが話題になっている。

[高根英幸,ITmedia]

 日産自動車とその関連会社や部品メーカーが、30年乗り続け26万キロもの走行距離に達した日産シーマを8カ月かけてレストア作業を行い、新車のような状態まで復元したことが話題になっている。

 オーナーが女優の伊藤かずえさんであったことも、レストアすることになった理由の1つではあるだろうが、30年間1台のクルマに乗り続け、未だに家族同然に愛でるところをSNSで目にしたら、日産関係者でなくても心が動くものがあるだろう。

およそ8カ月の作業を経て、新車のように復元された伊藤かずえさんの日産シーマ。30年、26万キロ走行の車両には見えないほど、どこも美しく仕上げられている(写真/日産)
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -