ITmedia NEWS >
レビュー
» 2010年08月16日 11時00分 公開

レビュー:新発想CCDによるスピーディなAF――富士フイルム「FinePix F300EXR」 (3/4)

[永山昌克,ITmedia]

ワイドにもテレにも強い光学15倍ズーム

 撮像素子は、有効1200万画素の1/2型スーパーCCDハニカムEXRを搭載する。従来機FiePix F200EXRのCCDに比べた場合、画素数は同じだが、CCDのサイズが少し小さくなった。スライド式レンズシャッターを備えた「FinePix Z800EXR」と同等のスペックだ。初期設定の画質は、色の誇張を抑えたナチュラルな発色で、階調の再現性も良好だと感じる。フィルムシミュレーション機能によって、発色や階調の傾向を切り替えることも可能だ。

 一方で画像の細部再現力には不満が残る。細部のシャープネスは高められているが、ノイズ低減などのデジタル処理によってディテールが損なわれ、パソコンのディスプレイ上で画像を大きく表示すると、シーンによってはまるで作られた絵のような印象を受ける。小さな撮像素子ながら高画素を実現したデジカメには同様の傾向があり、本機が特に劣るわけではないが、写真好きの中級以上のユーザーも意識した看板モデルであれば、もう少し頑張ってほしかったと思う。

 感度は、ISO100〜12800に対応し、ISO3200では600万画素相当、ISO6400〜12800では300相当での記録となる。ISO800あたりからノイズが目立つので、画質重視ならISO100〜400くらいの範囲で使うのがおすすめだ。明るさに応じて自動的に感度アップするオートISO機能は、上限をISO400、ISO800、ISO1600の3つから選べるようになっている。

photophotophoto
photophotophoto
photophoto 左上から順に、ISO100/200/400/800/1600/3200/6400/12800で撮影。撮影モード:絞り優先AE(F6.2)、WB:オート、フィルムシミュレーション:スタンダード、焦点距離:6mm

 トータルとしては、スピーディな位相差AF「瞬速フォーカス」を筆頭に、パノラマ機能やぼかしコントロール機能、ペット検出など最新技術を集約したカメラに仕上がっている。しかも、レンズは広角にも望遠にも強い光学15倍ズームで、ボディはスタイリッシュな薄型軽量スタイルである。

 個人的には、ここまで欲張って詰め込まなくても、ズームはもっと低倍率で構わないので、CCDサイズが大きなモデルや、レンズの開放値が明るいモデルを見てみたいと思うが、そんなのはマニアックすぎてFinePixらしくないだろうか。FinePix F300EXRは、多機能を満喫したい人におすすめだ。

photo 撮影モード:EXRモード「高解像度優先」(F7.1、1/550秒)、感度:ISO100、WB:オート、焦点距離:4.4mm
photo 撮影モード:EXRモード「EXRオート」(F5.3、1/80秒)、感度:ISO100、WB:オート、焦点距離:66mm

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.