ITmedia NEWS >
ニュース
» 2012年12月13日 11時00分 公開

今日から始めるデジカメ撮影術:第159回 イルミネーションとスマホとポートレートの関係 (2/3)

[荻窪圭,ITmedia]

デジタル一眼でちゃんと撮る

 でもあらかじめイルミネーションを楽しみに行くのなら、カメラをちゃんと用意してきたい。同じスノウマンの場所でミラーレス一眼で撮ってみたのがこちら。

photo

 マイクロフォーサーズのカメラで撮った写真だけど、スマホとは全然違うなってのが一目で分かると思う。なんだかんだいってカメラの性能は大事。本職デジカメだと手ブレ補正はついてるしISO感度を上げても画質はあまり落ちないからシャッタースピードも確保できるしね。

 難しいのは露出。背景は暗くてスノウマンは照明で明るい。こんなときはモニタを見ながら露出補正をかけていい感じの明るさを見つけること。ストロボをたくと確実に顔に光を当てられるのでそれもよし。

photo ストロボ発光

 ではもっと本格的になイルミネーションのあるところへ。やっぱり、イルミネーションをバックに撮りたいよね。でもスマホの時と同様、ストロボがないとこうなる。

photo

 ストロボを用意すればいいのだが、ここまで顔に光があたっていないと、顔にピントが合わない。で、そんなときにあると便利なのがケータイやスマホ。顔に向かってモニタの光を当て、顔を明るくする。そうするとピントが合う。AF補助光を使うよりこっちの方が確実。

photo

 で、撮るときは手にしたスマホをどっかに隠してもらってストロボをたいて撮ればいいのだ。顔の近くにスマホを出してもらって、そこにピントを合わせてもいい。

photophoto 暗すぎてピントが合ってない(写真=左)、スマホの画面でピントを合わせてみた(写真=右)

 イルミネーションをバックに人を撮るとき、顔検出をしてくれないー、AFがうまく働かないーというのはひとつの難点なのだ。特に背景の方がぐっと明るいので、背景にピントが合っちゃうこともある。そんなとき、スマホやケータイの画面って便利なのである。

 AFの問題が解決したら、あとはストロボで顔を明るく照らしてやるだけ。デジカメには「夜景+人物モード」があって、イルミネーションが背景だとそれを使えばOKみたいなところもあるけど、「夜景+人物」モードだとシャッタースピードがぐっと遅くなって手ブレしやすくなるので三脚がないときはあまりお勧めしない。三脚があってもシャッタースピードが遅くなる分被写体ぶれしやすい。

photo スローシンクロ発光にして、1/5秒で撮影

 こんな感じで、ちょっとブレちゃう。

 まあ、背景のイルミネーション密度が濃いときは普通にストロボをたいてもそれなりに撮れる。

photo

 さすがにちょっと背景が暗いけど。背景もある程度明るく撮りたい、でも三脚がないってときは、フラッシュを「スローシンクロモード」にし、シャッタースピードを見ながらISO感度を上げつつほどよいところを見つけるのがいい。

 広角系のレンズで手ブレ補正がついてれば、1/30秒も確保できればまあ大丈夫。あとは背景の入れ方と人物と背景の明るさのバランスを決めて撮るべし。広角で撮ると背景が広く入るし、背景もあまりボケないので全体の雰囲気が分かるし手ブレもしづらい。

photo 24mm相当の広角で。1/25秒

 人が多くて被写体との距離が取れないときも広角で近くから。背景が遠いとぼけるのでちょっと雰囲気が出る。

photo

 背景をボカして印象的な感じにしたいときは、標準〜中望遠の明るい単焦点レンズがお勧め。光源がボケて点から円になるのでイルミネーションの密度感があがるし、背景がほわっと明るくていい感じになる。

photo 背景をより明るく出したかったので+1の露出補正を

 さらにプラスの露出補正をかけて明るくしてみた。イルミネーションが白飛びしてるけど、なんかにぎやかな感じも悪くない。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.