ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「工夫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「工夫」に関する情報が集まったページです。

「バイクヘルメット対応メガネ」登場 愛眼が発売、“痛くならない”よう工夫
フルフェイスでもかけやすいそうです。(2020/7/15)

メルカリの売上金が送金可能に メッセージカードで“気持ち”を伝える工夫も
メルカリとメルペイは7月13日、メルカリの売上金などを他のユーザーに送金する「おくる・もらう」機能の提供を開始した。メルカリ・メルペイユーザーからは「メルカリの売上金を身近な人に送りたい」という要望が40%に達したという。メッセージカードを使って気持ちを伝える工夫も施した。(2020/7/13)

人の話を聞き取れない 仕事上の弱点と向き合った漫画に「私だけじゃなかった」「気持ちがすごくよくわかる」
弱点を受け入れて工夫する姿勢に勇気づけられる。(2020/7/11)

「あつ森」でセーラー戦士やおジャ魔女に変身! 着替えアイテム「ステッキ」を使ったプレイ動画がめちゃくちゃカワイイ
ひと工夫で変身口上まで再現できちゃう!(2020/7/13)

コロナ対策の住宅、続々 テレワーク部屋、自動扉など工夫
大和ハウス工業が、テレワーク専用部屋を確保した住宅を公開した。ウイルスを極力室内に持ち込まない対策や、扉の開閉を自動化して手が触れる機会を減らす工夫、ビデオ会議しやすいように音響を整えた部屋など、新型コロナ禍に対応した新しい住まいづくりを提案する。(2020/7/10)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ふるさと納税「復活」の泉佐野市を支持すべき2つの理由
ふるさと納税の対象から、泉佐野市を除外した国の行為が違法であることが、最高裁で確定し、泉佐野市が今年のふるさと納税先として復活する見通しとなった。ふるさと納税には批判もあるが、泉佐野市がこれまでに置かれていた状況を鑑みれば、ふるさと納税における制度の範囲内で創意工夫することについて、必ずしも「眉をひそめる」結果であるとはいえない。(2020/7/10)

福田昭のデバイス通信(255) 2019年度版実装技術ロードマップ(63):
車載用HMIデバイスの改良が安全な運転を支援
今回は、運転操作の品質を低下させないように、あるいは品質を向上させるように工夫した車載用HMIデバイスの一つとして「ステアリング・スイッチ」を紹介する。(2020/7/10)

おわかりいただけただろうか……? エレガントなお菓子の写真を支える“庶民的なひと工夫”
映えの世界は奥が深い。(2020/7/9)

コロナ対策の住宅、続々 テレワーク部屋 玄関に手洗い場
住宅メーカーなど関連業界では、ウイルスを極力室内に持ち込まない対策や、扉の開閉を自動化して手が触れる機会を減らす工夫を施すなど、新型コロナ禍に対応した新しい住まいづくりを提案する。在宅勤務の普及や外出自粛の長期化で生じた自宅生活の悩みを解消したい考えだ。(2020/7/9)

家で食べることも想定:
モスの定番「モスバーガー」がリニューアル 戦略的に設計された“味”の工夫とは
モスの看板商品である「モスバーガー」がリニューアル。ミートソースを3年ぶりに改良した。持ち帰りニーズの増大に対応した“ある工夫”とは。(2020/7/8)

身の丈に合った「一人働き方改革」のすすめ:
資料作りの生産性を上げる――スピーディーに資料を作成する5つのポイント
業務において必須ともいえる「資料作り」ですが、いくつかの工夫で生産性向上が可能です。今回は特に、素早く資料を作るポイントをお伝えします。(2020/7/9)

デザインの力:
ブラシ同士の縫合などで25%軽量化、ダイソンが新型コードレス掃除機発売
ダイソンは2020年6月22日、従来機種と比べて本体重量を25%軽量化したコードレス掃除機「Dyson Digital Slim」の製品発表会をオンラインで開催した。新開発したクリーナーヘッド部分はブラシ部分の連結方式を工夫したことで、従来製品と比べて40%の軽量化に成功した。(2020/6/24)

コロナ契機に生まれたサービス……遠隔手話、バーチャル一時帰宅 収束後も根付くか
感染防止の観点から人と人との濃厚接触を避けるため、緊急措置的な工夫を凝らされたものが多いが、中には思わぬ反響を呼んで「コロナ後」に根付きそうなものもある。(2020/6/23)

働く男性に聞きました:
夏のマスク、何が心配? 3位は「熱中症」で2位は「汗」、1位は……
働く男性は「夏のマスク着用」にどんな不安を感じているのか。600人を対象に行ったアンケート結果が公表された。ビジネス上のコミュニケーションを円滑にする工夫も明らかに。(2020/6/11)

「一部は在宅、残りは出社」が社員の不満のもとに? 「不公平」「仕事を頼みにくい」などの声
「一部は在宅、残りは出社」といった勤務形態を取り入れている企業は、社員の不満・疑念を生みやすいようだ。パーソル総合研究所の調査で判明した。解消に向けては、上司のフォローや状況把握などの工夫が不可欠という。(2020/6/10)

調査にも社内説得にも手間を掛けない計画方法は:
PR:クラウド移行を成功に導く秘けつ 移行前の検討ポイントとは
クラウド利用は既に先進的なIT戦略を持つ企業だけのものではなくなった。だが、既存システムのクラウド移行では移行の効果を明らかにしておきたい。事前準備の工夫次第では継続して成果を出し続ける道筋を作りやすくなるという。(2020/6/10)

ハンコや名刺は不要、基本は在宅勤務 コロナでビジネスマナーにも転換期
新型コロナウイルスの感染拡大により新しい生活様式が提案され、ビジネスマナーにも転換期が訪れている。ハンコや名刺交換がなくなり、基本的に在宅勤務になった企業もある。これからのマナーはマニュアル通りではなく、相手のことを考えて工夫する必要がある。(2020/6/9)

コロナ渦で急増、“ワケあり”ブランド在庫品を救済へ
 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための自粛経済で、倉庫に眠っているブランド商品を救済するサービスが注目を集めている。一流ブランドでは、イメージを落とさないために安売りセールなどをせずに廃棄するのが一般的だが、新サービスでは商品に付加価値をつけたり販売手法を工夫したりして、再び流通させる。アフターコロナで景気回復が見通せない中、行き場の失った商品と消費者をつなぐ手段として浸透しそうだ。(2020/6/8)

集中連載 新型コロナで経済死しないための方法 :
起業家が新型コロナで経済死しない心構え
12年間零細企業を経営してきて、分かったことがある。起業の成功は果たして何で決まるのかといえば、身も蓋もないが、一番大きい要素は「運」だ。「不運だから仕方ないよね」で済めばいいのだけれど、少なからぬ痛手を負う。この運と闘って勝つ方法は、勝つまでやり続けるほかにないのだから、痛手を一回で致死量にしない工夫が一番大事だ。(2020/6/2)

接客中にパンツ脱ぐ客も……ハプニングもあるが人気の「Zoomキャバクラ」 店主と嬢の波乱の自粛期間
4月にオープンし、ネットやメディアで話題の「ズムキャバ」。Zoomを使って女性店員がリモート接客するキャバクラだ。変わった性癖の客が現れるハプニングもあるが、新型コロナウイルスの影響で仕事が減った“キャバ嬢”が活躍しているという。創業者のAさんと店員のMayuさん、楓さんに、波乱に満ちた日々のエピソードや売り上げを得る工夫を聞いた。(2020/5/29)

Webフロントエンドエンジニアだけでスマホアプリ開発(2):
フロントエンド開発者、スマホアプリのニーズの不確実性に挑む――価値提供のリードタイムを最短化する工夫
リクルートテクノロジーズが開発している、B2Bのスマートフォンアプリ『Airシフト メッセージ用アプリ』。Webフロントエンドエンジニアだけで行っている開発の裏側を明かす連載。今回は、開発計画や、ユーザーの要望を引き出すための工夫などについて。(2020/5/26)

サボりたい一心で自動化を追求する男の行く末は……? 風刺漫画「効率厨が在宅勤務で5000倍能率を上げる話」
世の中には「効率化するための工夫」を「ズル」と捉える人もいまして……。(2020/5/11)

ニーズ急増のリモート塾、学びを止めない工夫とは? カギはAIと人の役割分担
外出自粛が続く中、塾業界にも大きな変化が現れている。これまで対面で行っていた授業をオンライン化する塾も増えているが、実際の現場はどうなっているのか。学習塾にAIを活用した教材を提供するベンチャー企業atama plusの稲田代表取締役が語った。(2020/5/5)

失敗から気付きを得る テレワークの効率を上げる3つの工夫
新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、急きょテレワーク(遠隔勤務)をすることになった人も多いと思う。しかし、テレワークをする際には「失敗」も付きものだ。そこで、ある意味でテレワークを日々実践している“失敗談”を共有しつつ、どうすれば快適なテレワークができるのか考えていきたい。(2020/4/27)

エサにこだわるうちの猫 “匂い”と“音”を工夫すると…… 愛猫の食を考える飼い主の漫画が愛情たっぷり
いっぱい食べてほしいのです。(2020/4/21)

電子ブックレット(BUILT):
国内初!4階建てZEBを実現した三菱電機と三菱地所設計の工夫
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回紹介するのは、国内初となる4階建てZEBを実現した「ZEB関連技術実証棟」について、発注者の三菱電機と設計を担当した三菱地所設計に取材した記事をまとめたものです。(2020/4/15)

ワンオペフリーランスが2週間の外出自粛&自宅保育中に「心を守る」ために試した16の工夫
目標は「心を守る」こと。(2020/4/10)

リモートワーク/オフショア開発をアジャイル化する極意:
PR:IT人材不足が約43万人に拡大する2025年に向け、DXを支える開発者に快適な環境とツールが必要な理由
デジタル技術を駆使してデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するには、新しいソフトウェアを素早く開発していく必要がある。このような状況においてより多くの優秀なエンジニアを採用しなければいけないのだが、IT人材の争奪戦は加熱している。優秀なエンジニアを採用するために企業はどのような工夫をしたらいいのだろうか。3人の専門家に尋ねた。(2020/4/7)

「死んじゃうの?」子どものコロナ不安どう払拭 分かりやすい情報発信、偏見対策も重要
新型コロナウイルスの感染拡大は大人だけでなく子どもにも不安を感じさせている。ニュースを聞きかじった子どもたちが「自分も病気になって死んでしまうのでは」といった恐怖を抱くケースもある。正しい情報を分かりやすく伝える工夫や偏見への対策も重要な課題だ。(2020/4/3)

毎年少しずつ変更:
セブンがざるそばや冷やし中華の容器を見直し 見落としてしまいそうだが重要な改善ポイントとは
セブンが「冷たい麺」シリーズをリニューアル。容器にある工夫をしている。味や食べやすさを向上させる工夫とは。(2020/4/1)

初めての挑戦:
「来場者18人」「所要時間37分」 GMOインターネットが株主総会で新型コロナ対策を実施した結果
GMOインターネットが株主総会を実施した。新型コロナの感染リスクを抑えるためさまざまな工夫をした。来場した株主は18人にとどまり、その他の株主はインターネットで視聴した。(2020/4/1)

入社式は中止、新人研修はオンライン 対面の場合は少人数に分けるなど工夫を
日本郵政や大手通信事業者などが、入社式を全面中止する判断を下している。大手企業では新入社員研修も主にオンラインで行う場合がある。しかし、対面での実施が好ましいとされる研修もあり、実地で行う場合は、少人数に分けて時間をずらして実施するなど工夫が必要だ。(2020/3/31)

キングジム、シニア向けブランド「arema」立ち上げ 一工夫した「自分まとめファイル」、イヤフォンに見える集音器など 「暮らしに“あれま”の驚きを」
キングジムがシニア向けブランド「arema」を立ち上げた。重要な書類などをまとめて保管できる「自分まとめファイル」とイヤフォンにしか見えない集音器を4月から順次発売する。(2020/3/26)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
早くも満開! iPhoneで桜をキレイに撮る方法(2020年版)
2020年は、桜が例年よりも早く開花した。そこで、iPhoneで桜を撮るコツを紹介したいが、意外と難しい。たいていの場合「あれ? もっと華やかだったはずなのに」とか「もっと明るく見えたのに」となるからだ。そこを一工夫しようという話だ。(2020/3/24)

入社式も中止:
凸版印刷が新入社員研修を在宅型オンラインで実施 社員間の交流を促進する工夫も
凸版印刷が入社式を中止して新入社員研修を在宅オンラインで実施する。新型コロナウイルスの感染拡大を受けての措置。どんな研修を行うのか。(2020/3/16)

PR:「思わず胸を躍らせながら使い始めました」――プロの作業環境として十分に満足できる「LAVIE VEGA」
「#創造力に火をともせ」――NECパーソナルコンピュータの「LAVIE VEGA」は、クリエイター向けのモデルとして、ハードウェアとソフトウェア両面でさまざまな工夫が施されたノートPCです。実際に、プロのフォトグラファーに試してもらいました。【Powered by NECパーソナルコンピュータ】(2020/3/13)

次世代交通「Maas」 鉄道各社、“稼ぐ力”に工夫の余地
最新のスマートフォンアプリの技術を駆使して、人の移動をスムーズにする次世代交通サービス「MaaS」。JR東日本や東急など鉄道各社がスマホを利用した「観光型」で実証実験を重ね実用化も視野に入れるが、肝心の認知度が低く、普及へのハードルは高い。(2020/3/10)

次世代交通「Maas」 鉄道各社、“稼ぐ力”に工夫の余地
JR東日本や東急など鉄道各社がスマホを利用した「観光型」で実証実験を重ね実用化も視野に入れるが、肝心の認知度が低く、普及へのハードルは高い。(2020/3/10)

子どもがいる家の中、イライラを最小限にして仕事するにはどうすればいい? ワンオペフリーランスが4年半の歳月を経てたどり着いた13の工夫
子どもと同じ空間での在宅仕事は大変……!(2020/3/2)

テレワークにも限界あり 社内でしかできない作業で結局出社
新型肺炎対策として、政府は企業にテレワークの推進を呼びかけている。一方企業からは、設備やセキュリティー上の問題で出社せざるを得ないという課題もあり、工夫が求められる。(2020/2/28)

これまでは年2回の5連休だった:
くら寿司で年2回の10連休取得が可能に 店長が休みやすくなる工夫とは
くら寿司では2011年から店舗スタッフが5連休を取得できるようにしていた。2020年11月から、10連休を取得できるようにする。責任者である店長を休ませるための工夫とは。(2020/2/27)

日産が異例の新車ネット発表会、記者質問はメールのみ…… 苦肉の策、運用に難しさも
新型肺炎流行の影響でイベントの中止が相次ぐ中、日産自動車はインターネット中継による新車発表会を行った。感染拡大防止に向けた工夫がこらされた一方、中継方法などの運用には難しさもあった。(2020/2/27)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
仕事が速い人が無意識にしている工夫
リーダーの仕事は、時間を生み出すこと。そのためには仕事を速くする工夫をすること。どうすばいいのだろうか?(2020/2/27)

「応仁の乱」の解説動画が熱意と工夫満点ですごい 「野生のNHK」「金払わせろ」と好評
分かりにくい「応仁の乱」が楽しくなる。(2020/2/5)

JR東、“タッチしやすい自動改札機”導入へ 新宿・高輪ゲートウェイ駅で実験
JR東日本が、交通系ICカードをタッチしやすいよう工夫した自動改札機の実証実験を2月から順次行う。QRコードにも対応する。(2020/1/29)

農水省職員が官僚系YouTuberに 大臣の“ネット活用アイデアがほしい”に若手が「待ってました」と提案
農林水産省は1月7日から地方の魅力を伝えるプロジェクト「BUZZ MAFF」を始め、YouTubeで動画を配信している。江藤拓農水相の「ネットを使った日本の魅力を若い世代に世界中に発信するという工夫をしたい」という要望に若手が反応し、日々さまざまなコンテンツを発信している。(2020/1/21)

今すぐできるひと工夫! 猫ちゃんの運動不足を室内で解消する方法とは?
ちょっとしたコツをご紹介。(2020/1/19)

PayPay、金融サービス参入へ 後払い、保険、ローン、投資など年内にも開始 “スーパーアプリ化”へ準備着々
PayPay運営元が、後払い決済、保険、個人/法人向けローン、投資などの金融サービスを2020年中に始める計画を明らかにした。UI・UXを工夫し、PayPayアプリ上で審査や手続きができる仕様にする。「顧客の生活に密着した“スーパーアプリ”を目指す」という。(2020/1/17)

思わず手に取りたくなるデザイン目指す:
世界初の「コカ・コーラ ストロベリー」が登場 ターゲット層を意識したデザインとは
いちごフレーバーのコカ・コーラが世界初登場。新規顧客を獲得するためにパッケージに工夫をした。どんなデザインなのか。(2020/1/7)

浅草エリアに2店舗目:
一蘭が新型店を公開 器や替え玉に“ある工夫”をした980円のラーメンとは
一蘭が東京の浅草エリアに2店舗目をオープンする。内装や器にある工夫をしているのが特徴。どのようなコンセプトなのか。(2019/12/12)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。