ニュース
» 2005年05月10日 19時57分 公開

キヤノン販売と日本オラクルが基幹系ソリューション分野で提携

キヤノン販売がOracle E-Business Suite Special Editionをベースに中堅・中小企業向けERP、「キヤノン DECISION SUITE」を開発した。ハードウェアからサービスまで込みで2000万円を下回る。

[ITmedia]

 5月10日、キヤノン販売と日本オラクルは、中堅・中小企業を対象とした基幹系ソリューション分野において提携することを明らかにした。

 ITサービス事業を今後の中核事業と考えるキヤノン販売は、これまでグループ企業の再編やシステムエンジニアの増員などを行い、基幹系ソリューションビジネスを積極的に展開してきたという。今回、同社は日本オラクルとパートナー契約を締結、認定パートナーとして、オラクルがグローバルで中堅・中小企業向けに展開している「Oracle E-Business Suite Special Edition」をベースに新たに自社開発したERPパッケージソフト「キヤノン DECISION SUITE(ディシジョンスイート)」を6月から販売する。

 DECISION SUITEは、ハードウェア、Linux OS、ERPソフトウェアのライセンスに導入支援・保守サービスを込みで2000万円以下に抑えられるほか、最短で3カ月という短期間で導入できるのが特徴。昨年6月、SAPジャパンが国内投入した中小企業向けERP、「SAP Business One」と価格帯は近い。キヤノン販売は、ハードウェアからサービスをワンストップで提供することで差別化を図る。今後3年間で320セット、100億円の売り上げを目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -