ニュース
» 2006年01月12日 17時31分 公開

NetLaputaブログ、大量なスパムコメント削除を表明

「NetLaputaブログ」は、11日に大量のスパムコメントが投稿されていたため、一括削除したことを発表した。ただし、全ブログの一括再構築はシステム負荷がかかるため行われておらず、個々で対応する必要がある。

[ITmedia]

 ネットラピュタのブログサービス「NetLaputaブログ」は1月11日、「NetLaputa ブログからのお知らせ」にて大量スパムコメントについての告知を行った。

 告知によると、出会い系サイトへの誘導を目的とするブログサイトのURLを付加した大量のコメントスパム投稿があったという。その数は15時現在で4597件。これらスパムコメントはシステム側で一括削除したため、マイブログのコメント一覧には表示されない。ただし、ブログ上には残ったままになっている。ブログ上からも削除するには再構築を実施する必要があるが、全ブログに対して一括再構築を実施すると、システムに大きな影響を与えてしまうために実施していないという。したがって、投稿の際に全体の再構築を行ってほしいとアナウンスしている。また、記事を投稿しなくても、「定期的に再構築」を設定している場合は、その際に表示が消えるとのこと。

 これまで同ブログサービスでは、これまでもスパム行為に対して度重なる対応を行っており、今回の対応もその一環となる。2005年12月28日には利用規約改正も行い、スパムの発信元になることを防ぐ対応も実施している。今後も、トラックバックに対する対策と並行して、コメントについても対策を進めていくと発表した。

 なお、NetLaputaブログはウェブマネーのネットラピュタ運営室が提供してきたが、2005年10月1日から新会社「ネットラピュタ」が事業運営を行っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -