ニュース
» 2007年07月19日 14時12分 公開

グループウェア同期サービス「WILLCOM Sync Mobile」、Advanced/W-ZERO3[es]に対応

ウィルコムは7月19日、グルーウェアの同期サービス「WILLCOM Sync Mobile」が、19日発売のAdvanced/W-ZERO3[es]をサポートしたことを発表した。また7月26日からはブラウザ搭載音声端末でも利用可能になる。

[園部修,ITmedia]

 ウィルコムは7月19日、グループウェア同期サービス「WILLCOM Sync Mobile」が、新発売のAdvanced/W-ZERO3[es]をサポートしたことを発表した。

 「WILLCOM Sync Mobile」は、Microsoft ExchangeやLotus Notes/Dominoと連携し、外出先でメールやスケジュールを確認できるASPサービス(4月3日の記事参照)。W-ZERO3シリーズ向けに先行してサービスを提供していたが、19日発売のAdvanced/W-ZERO3[es]も発売日から利用可能になった(ただし、Advanced/W-ZERO3 [es]でのEメールPush配信は2007年7月末頃対応予定。リモート消去は提供環境が整い次第案内)。

 また従来からサポートが予定されていたブラウザ搭載の音声端末向けのサービスも、7月26日から開始する。対応端末は「AH-K3001V」「AH-K3002V」「AH-J3001V」「AH-J3002V」「AH-J3003S」「WX300K」「WX310K」「WX320K」「WX310SA」「WX310J」「9(nine)」「WX321J」「WX320T」。サービスの利用はすべてブラウザ上で行うため、端末側にはデータが残らない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -