速報
» 2007年04月05日 15時02分 公開

インテリシンク、セキュリティ機能などを強化した「Intellisync Mobile Suite 8」を発表

インテリシンクは4月5日、セキュリティの強化やクライアントソフトの一新など、さまざまな改良を施した携帯端末向けのグループウェア連携ソフト「Intellisync Mobile Suite 8」を発表した。

[ITmedia]

 インテリシンクは4月5日、セキュリティ機能の強化、Symbian OS S60 3rd Editionへの対応、クライアントソフトの一新など、さまざまな新機能を盛り込んだ、携帯端末向けのグループウェア連携ソフトのメジャーバージョンアップ版「Intellisync Mobile Suite 8」を発表した。5月15日から出荷する。

 Intellisync Mobile Suite 8では、端末を紛失した際に、ユーザー自身がWebブラウザからデータの保護機能を起動したり、デバイスのリセットを行ったりできるほか、クライアントソフトを一新し、従来よりさらに使いやすく改良した。メーラーのサブフォルダの同期や表示などにも対応している。

 またWindowsサービスとして実行可能にしたことで、セキュリティを強化。クーリエアカウント接続にも対応を果たした。Windows VistaやOutlook 2007、Exchange Server 2007、Windows Mobile 6にも対応予定だ。

 販売は50ライセンスからとなるが、1ライセンスあたりの価格は以下の通り。

コンポーネント名 1ライセンスあたりの価格
Intellisync Wireless Email 1万2600円
Intellisync Device Management 9450円
Intellisync File Sync 9450円
Intellisync Application Sync 1万6800円

 なお、今回発表されたIntellisync Mobile Suite 8は、ウィルコムが4月3日に発表した企業向けのグループウェア連携ASPサービス「WILLCOM Sync Mobile」のプラットフォームとしても採用されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう