ニュース
» 2007年08月23日 21時41分 公開

W-ZERO3をリッチクライアントに、アクシスソフトがモバイル向けBizシリーズ発売

アクシスソフトは、Windows Mobile対応のリッチクライアント環境となるBizシリーズ3製品を発売する。

[國谷武史,ITmedia]

 アクシスソフトは8月23日、Windows MobileおよびWindows CE搭載機器向けのリッチクライアント環境製品「Biz/Browser Mobile v3」と「Biz/Browser Mobile for Windows」「Biz/Designer Mobile」を、11月までに順次発売すると発表した。

 Biz/Browser Mobile v3は、PC向けリッチクライアントの最新版「Biz/Browser XE」の機能をベースに、モバイル機器向けに最適化を図った製品。PCと比べて、CPUパワーやメモリサイズ、またディスプレイサイズの小さなモバイル機器環境でも高度な表現を行える「FlexView」機能や、日付入力を制御する「DataEdit」、数値入力を制御する「NumberEdit」などが搭載され、データの閲覧や入力時の操作性を向上させた。7月に発売されたウィルコムの「Advaned/W-ZERO3」が対応する。

Advaned/W-ZERO3でのBiz/Browser Mobile v3

 PC版Biz/Browser向けのアプリケーション開発ツール「Biz/Designer」をモバイル向けに最適化したBiz/Designer Mobileは、デバッグ機能を含めたBiz/Designerの多くの機能が利用できる。従来のBiz/Designerでもモバイル向けのアプリケーション開発を行えるが、端末ごとに異なるCPUパワーやメモリサイズ、ディスプレイの解像度などのスペック情報、またミドルウェアやAPIについて考慮する必要がある。Biz/Designer Mobileではアプリケーションを利用する端末を指定することで、こうした特別な知識がなくてもモバイル用アプリケーション開発が行える。

 Biz/Browser Mobile for Windowsは、モバイル版アプリケーションの動作検証を行うエミュレータ。従来は、開発したアプリケーションを実機に搭載して検証する必要があったが、Biz/Browser Mobile for Windowsの発売により、PC上での開発環境がそろうことになる。

永井一美社長

 同社の永井一美代表取締役社長は、「2004年からPDA向けBiz/Browserを展開しており、スマートフォンを含めたモバイル向け業務アプリケーション環境ではすでに実績がある。スマートフォンは2010年に国内で約600万台が普及すると予想(ROAグループ調査)され、2010年ごろにはスマートフォン業務向けアプリケーション市場で50%のシェアを狙いたい」との意気込みを見せた。

 ウィルコムソリューション営業本部の青木伸大副本部長は、「通信事業者から見てアプリケーションベンダーは遠い存在だった。今後は協業を通じてネットワークを含めたビジネスソリューションを展開したい」と話す。また日立製作所ソリューションビジネス事業部の堀之北寿朗担当部長は、「当社でもW-ZERO3の業務利用について検証を進めている。業務端末としてのスマートフォンの市場をパートナーとともに『協創』(協同体制で市場を創造する)したい」と語った。

 各製品の出荷時期と価格は次の通り。

製品名 出荷開始日 価格
Biz/Browser Mobile v3 8月23日 3万9000円から(初年度保守費込み)
Biz/Browser Mobile for Windows 11月1日 無料
Biz/Designer Mobile 11月1日 25万円(1開発者ライセンス)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -