ニュース
» 2007年10月29日 20時02分 公開

NTTPC、スマートフォンを利用した医療向けVPN接続サービスを開始

NTTPCコミュニケーションズは、電子証明書を利用してモバイル環境で安全にデータを利用できる医療分野向けのVPN接続サービスを開始した。

[ITmedia]

 NTTPCコミュニケーションズは10月29日、医療分野向けVPN接続サービス「Mobile IP-Members」の提供を開始した。同社のVPN接続サービス「IP-Members」のメニューの1つとして提供する。

Mobile IP-Membersの概要

 Mobile IP-Membersは、電子証明書とIPSec VPNを利用して、病院同士などの拠点間通信、訪問介護や自宅診療時に病院と出先との間で安全にデータ通信を行うためのサービス。スマートフォン端末での利用に対応する。また、VPN接続機能以外にログの収集・管理、業務アプリケーション以外の操作禁止や通話制限といったポリシーの設定、データ暗号化、盗難・紛失時のリモートロック機能も備える。

 同社では、2008年度から実施される医療制度改革によって、健診車による出張健診や、医療従事者が出向いての保健指導などの実施拡大が想定されるため、モバイル環境でのセキュアな医療データ利用のニーズが高まると予想。外出先から病院内のシステムなどにアクセスする医療従事者を対象に、初年度1万ユーザーの利用を見込む。

 今後は、ノートPCやPDA端末にも対応を予定するほか、金融や保険、証券業界などへの展開も目指すという。

関連キーワード

VPN | スマートフォン | 暗号化 | PDA


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ