連載
» 2007年10月30日 11時33分 公開

ビジネスの達人が選ぶモバイルキーボードスマートフォン周辺機器特選(2/2 ページ)

[柴崎忠生(ソフトブレーン・インテグレーション),ITmedia]
前のページへ 1|2       

 それでは、今回は実際にイー・モバイルのEM・ONEを使っての設定方法をみてみよう。EM・ONEでは、iGo Stowaway Ultra-Slim Bluetooth Keyboardに付属するドライバや、ユーティリティが不要なため、簡単に設定が行える。

【セットアップ手順】

  1. 「スタート」→「設定」→「接続」タブ→Bluetoothのアイコンをタップする
  2. 「デバイス」タブ→「新しいデバイスの追加」をタップ
  3. iGo Stowaway Ultra-Slim Bluetooth Keyboardの「Ctrl」+左側の「Fn」+右側の「Fn」を、キーボード上部の緑色のランプが点滅するまで2〜3秒ほど押す
  4. EM・ONE側で「Think Outside Keyboard」との表示がでたら、「次へ」をタップ
  5. EM・ONE側でパスワード設定が要求されるので、4けたの任意の数字を設定し、「次へ」をタップ
  6. EM・ONEで設定したのと同じ4けたの数字を、iGo Stowaway Ultra-Slim Bluetooth Keyboardで入力し、「Enter」を押す
  7. EM・ONEに「このデバイスから使用するサービスを選択」と表示されたら、「入力デバイス」にチェックを入れて「完了」をタップ

 英語キーボードのため、始めは日本語入力に若干戸惑うかもしれない。例えば、数字キーは左側の「Fn」キーを押しながら最上列キーを押すので、若干の親指シフトキーボードの懐かしさ――知ってる人は少ないかもしれないが――を感じる。また、最初にぶつかる壁は、恐らく日本語のローマ字入力と、英数文字入力の切り替え操作だろう。これは、左側の「Fn」+「'」キー(Enterの左隣りにある)を押すことで切り替えられる。

 さて、このちょっと懐かしくも便利なBluetoothキーボードは、電車の中でも操作できるが、行きつけのバーでお酒を楽しみながらゆっくりとネットサーフィンを楽しむのにも良いだろう。

柴崎忠生

ソフトブレーン・インテグレーション代表取締役社長。モバイル端末をより効率的に業務で活用するためのサービス、モバイル導入時の総務部門の非効率な業務を代行するBPOサービスを提供している。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ