世界で勝つ 強い日本企業のつくり方
ニュース
» 2010年01月14日 08時00分 公開

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:Webが世界レベルにならないと勝てない【後編】 (2/2)

[聞き手:藤村能光,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ITmedia 企業のグローバル展開で成功するWeb戦略はどのようなものでしょうか。

勝部 1つ言えるのは、Webはテレビや新聞を使ってブランディングをするというやり方より、企業の価値を世界規模で伝えやすいということです。多額の資金をつぎ込んだブランディングも1つの戦略として有効ですが、Webを通じた戦略を作っていくほうが面白い。

 例えば「FR(ファーストリテイリング)60周年記念キャンペーン」では、店舗を朝6時に開店させ、商品を売りました。またクリックするとオンラインくじに変わるブログパーツの提供や、Twitterによるタイムセールの告知も行いました。PRとWeb、そして商品などの強いファクト(実体)が絡み合うことで、大きな反響が得られます。(マスメディアを使わない)こういった取り組みが、Web戦略においてエクセレントだと思うのです。

 「次世代コミュニケーション」のような型を作って、継続してヒットを出せるようになれば、マスメディアに依存しない真にグローバルなコミュニケーションが実現します。Webについて、(国内企業では)経営者の理解が進んでいるとは言えません。世界でエクセレントカンパニーと呼ばれる企業でさえも、Web戦略はまだまだという印象です。

 Webで情報を流通させた状態で、商品や店舗などのファクトを届けるというコンビネーションがブランディングに最も生きてくるのです。

ITmedia ユニクロの数々のWebプロジェクトを世に出してきた中で、最も大切にしていることは何ですか。

勝部 企画の大元を考え抜くことです。何が伝えたいのかを一言で言えるくらいシンプルにして、Webという表現に落とし込む。利用者がWebコンテンツを見た瞬間に思わず驚いてしまうようなものを作り、それが広がるための導線を敷いておく。Webで情報を伝える力は、企画、Webコンテンツ、流通経路のかけ算で現れてきます。

 UNIQLO CALENDARも完成までに約1年かかりました。途中でプロジェクトをやめようと思ったこともありましたが、徹底的に試行錯誤して(コンセプトやコンテンツの内容を)考えました。中途半端なものをやるくらいなら、やらない方がいいと考えています。


【ITmedia エンタープライズ『世界で勝つ 強い日本企業のつくり方』連動アンケート実施中】

お勤め先の海外進出状況などについて、ご意見をお聞かせください。抽選で10名様に『Amazonギフト券(3000円相当)』をプレゼント! アンケートはこちらから。





前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -