ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ファーストリテイリング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ファーストリテイリング」に関する情報が集まったページです。

働き方の「今」を知る:
それ、本当にブラック企業? 日本社会に誤って広がる「ホワイト企業信仰」が迎える末路
「ブラック企業」というワードの一般化に伴い、あれもこれもブラックだと指弾されることも。筆者は、そんな風潮に警鐘を鳴らす。そもそも「いい会社」って何だろう。(2021/7/21)

ファストリ、業績予想を下方修正 増収増益も国内・中国で販売に苦戦
ファーストリテイリングは7月15日、2020年9月〜21年5月期の連結決算(国際会計基準)を発表。大幅な増収増益となった一方で、国内や中国の売り上げが計画を下回っているとして、今期の業績予想を下方修正した。(2021/7/16)

ファストリ、大幅な増収増益 業績予想は下方修正
ファーストリテイリングは7月15日、2020年9月〜21年5月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。(2021/7/15)

磯部孝のアパレル最前線:
フランス司法当局がユニクロなど捜査 新疆問題で表面化する日本アパレルが抱えるジレンマ
7月2日、フランスの司法当局は「人道に対する罪の隠匿」の疑いでユニクロのフランス法人など4社の捜査を始めた。(2021/7/15)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 パナ新CIOの本音【後編】:
「日本人の魂」を買われてはならない――僕がパナソニックに行く理由
元メルカリCIO長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、P&G、ファーストリテイリング、アクサ生命保険でCIOを務め、5月にパナソニックのCIOに就任した玉置肇氏。外資企業でキャリアを積んだ玉置氏が、歴史ある日本企業=パナソニックに入社した背景とは? そこには、熱い思いがあった──。(2021/7/13)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 パナ新CIOの本音【前編】:
パナソニック新CIO、玉置氏を導いた思想 「CIOは経営者」「話を聞いてもらうために偉くなる」
元メルカリCIO長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、P&G、ファーストリテイリング、アクサ生命保険でCIOを務め、5月にパナソニックのCIOに就任した玉置肇氏。大学時代はサルの研究者を目指していたという玉置氏が、CIOの道を歩み始めたきっかけは、何だったのか。そして、今考える「CIOのあるべき姿」とは。(2021/7/12)

訪日客減:
ユニクロ心斎橋店、8月に閉店 2010年開業のグローバル旗艦店
ユニクロは、旗艦店の心斎橋店を8月1日に閉店する。近隣のGUと同じ施設に移転し、9月に再オープンする予定だ。(2021/7/10)

マイボイスコムが調査:
コロナ禍、衣服の購入方法に起きた変化とは
コロナ禍で衣服の購入方法にどんな変化があったのか。インターネットリサーチを手掛けるマイボイスコム(東京都千代田区)が調査した。その結果は……。(2021/7/9)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
アマゾン創業者退任、どんな影響が? 国内外の「退任劇」を振り返る
米国のIT大手、アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾス氏が6日、CEOを退任し取締役会長となった。後継には、AWSを率いるアンディ・ジャシー氏が就任している。企業の顔ともいえる創業者がCEOや会長の座を降りた時、市場にはどのような影響があるのだろうか。国内外の事例を確認していきたい。(2021/7/9)

週末に「へえ」な話:
身長155センチ以下! 小柄女性向けのブランドが、「月商1億円」になった秘密
小柄女性向けのブランド「COHINA」をご存じだろうか。2018年に創業し、その後、順調に売り上げを伸ばしているのだ。その要因として、何があるのか。毎日続けていることがあって……。(2021/7/3)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 これからの小売り論:
デジタル時代でも、感動を与えるのは店舗──中川政七商店、ユナイテッドアローズのCDOが語る哲学
元メルカリCIO長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、中川政七商店 取締役CDOの緒方恵氏と、ユナイテッドアローズ 執行役員CDOの藤原義昭氏。小売り企業のDXを最前線で進めてきた二人が、今あらためて考える店舗の価値、ECの意義とは?(2021/7/1)

株主総会で孫正義節「情報革命の資本家」
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は23日に開催した定時株主総会で、「人工知能(AI)を使った情報革命に注力したい」と述べ、同社や同社の傘下ファンドが進めている各国のAIベンチャー企業への投資を今後も続ける方針を強調した。(2021/6/24)

“価値あるデータ”を自動抽出して有効活用 日立の「データ抽出ソリューション」とは
日立製作所は、企業内に蓄積するダークデータの有効活用を促進する「データ抽出ソリューション」の提供を開始した。請求書や診療明細書、有価証券報告書といった非定型ドキュメントを高精度かつ効率的に解析し、情報抽出とビジネスへの利活用を支援する。(2021/6/24)

今日のリサーチ:
1位「Walmart」、2位「Amazon.com」 デロイト トーマツが世界の小売業ランキング2021発表
Amazon.comが前年から順位を上げ、Walmartに次いで2位に躍進。日本企業でトップ250入りした企業数は28社でした。(2021/6/23)

磯部孝のアパレル最前線:
コロナ禍で“家で着る服”が超細分化? 各社の新ブランドから透ける“苦渋の決断”
コロナ禍がダメ押ししたような形で続くアパレル不況。そうした中でも売り上げが好調なカテゴリーが「家着スタイル」と呼ばれる新たなファッションキーワードだ。(2021/6/23)

東芝、日産、マック、ベネッセ:
東芝だけじゃない! プロ経営者の功と罪 車谷、ゴーン、原田泳幸に見る、“失政”の本質
渦中の東芝だけでなく、日産や日本マクドナルドなど、「プロ経営者」に振り回された日本企業は多い。なぜ、プロ経営者の失政は生まれるのか。(2021/6/18)

ユニクロのセルフレジ特許権侵害訴訟を現状整理する 知財高裁で勝っても戦況が明るくない理由
特許を巡る巨人とベンチャーの戦い。知財に詳しい弁理士、栗原潔さんによる解説。(2021/6/11)

コロナ禍が銀行のリスクマネジメントに与えた影響は SASが調査レポートを発表
SASは、調査レポート「From Crisis to Opportunity : Redefining Risk Management」を発表した。銀行のシニアエグゼクティブを対象に、リスクマネジメントの実態を調査した。コロナ禍によって銀行の危機管理はどのように変化したのか。(2021/6/11)

磯部孝のアパレル最前線:
おしゃれの象徴だったアパレルの「買い物袋」 有料化から1年で各社の対応に差が
2020年7月から全国一斉にレジ袋有料義務化が始まった。導入からおよそ1年が経過し、マイバッグやエコバッグ使用の浸透度合いやアパレル業界の対応、今後の課題感について取り上げてみたい。(2021/6/3)

Weekly Memo:
Google Cloudは競合と何が違う? 5つのポイントから探る
Google Cloudが自社イベントでクラウドサービス「Google Cloud」の最新動向について説明した。どう進化したのか。競合するクラウドサービスと何が違うのか。ビジネス戦略を中心に筆者なりの視点で5つのポイントを挙げてみたい。(2021/5/31)

丸亀製麺のDX データ分析基盤「Qlik Sense」を導入したトリドールホールディングスの戦略
トリドールホールディングスは、クリックテックのクラウド型データ分析基盤「Qlik Sense」を導入した。データ分析基盤をSaaSに移行すると同時に、IT運用体制の変革を続ける意図とは。(2021/5/28)

「無駄なものをつくらない」需要予測にAI ファーストリテイリングのGoogle Cloud活用戦略
ファーストリテイリングはGoogle Cloudの画像認識技術やデータ解析を活用し、顧客向けのアプリケーションや対応窓口の業務に役立てている。(2021/5/26)

「ウイグル綿」使用の疑い:
米が「ユニクロ」輸入差し止め、ファストリのコメントは?
産業界もウイグル問題を避けて通れなくなっている。中国の新疆ウイグル自治区の強制労働をめぐる輸入禁止措置に違反したとして、米税関・国境警備局がカジュアル衣料大手「ユニクロ」製品の輸入を1月に差し止めていたことが分かった。(2021/5/20)

磯部孝のアパレル最前線:
無印やユニクロの在庫管理はどう? アパレル業界が抱える「サイズ展開」と「需要予測」のジレンマ
アパレル市況は相変わらず厳しい。そんな中でも、カテゴリーにとらわれない拡張路線を走る良品計画の21年8月期第2四半期決算から課題点についてみていきたい。(2021/5/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「グローイング・サイクル」を回すことで組織の全員が戦力になる
かつて日本マクドナルドの「ハンバーガー大学」で学長を務め、「ユニクロ大学」でも実績を残した有本均氏。現在はホスピタリティ&グローイング・ジャパン会長として、多くの企業の人財育成をサポートする。目指すのは「全員を戦力にする」こと。そのための方法について、一端を紹介してもらおう。(2021/5/13)

「大企業より中小企業がITを使いこなせる時代」
“伝説のCIO”岡田章二氏が語るDXに必要な経営者の覚悟
「ユニクロ」「GU」を展開するファーストリテイリングで長年にわたりIT部門責任者を務め、同社のグローバル企業への成長をシステム面から支えた岡田章二氏に中小企業のDXにおける課題とチャンスを聞いた。(2021/5/6)

京急百貨店、紙袋を有料化へ 収益の一部を環境保全活動へ寄付
京急グループの京急百貨店が、紙製の手提袋を有料化すると発表した。(2021/4/30)

他分野に広がる可能性も:
カゴメ“英断”の波紋 新疆ウイグル自治区産トマトの使用停止
中国政府による人権弾圧が国際問題になっている新疆ウイグル自治区について、大手食品メーカーのカゴメが、同地区で生産されたトマトの加工品を製品に使用しないことを決めた。(2021/4/17)

無印良品 新疆綿を使った衣料品の販売を継続 アパレル各社対応に追われる
無印良品を運営する良品計画は4月14日、「新疆綿」を使った衣料品の販売を続けることを明らかにした(2021/4/14)

歯止めをかけるには:
「総額表示」義務化で買い控えはあるのか?
4月1日から消費税込みの支払総額の店頭表示が義務化される。外食チェーンでも、税抜き価格の表示などから、本体価格と税込み価格の併記に切り替える動きが相次いでいる。専門家からは……(2021/4/4)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
日銀に“ハシゴ外し”された日経平均株価……ユニクロ・ソフトバンクG株に影響も
3月19日に発表された日本銀行の金融政策決定会合の結果は市場に衝撃をもたらした。その内容は、これまでETFを爆買いしていた日銀が、日経平均から「ハシゴを外した」とも取れる内容だったからだ。(2021/3/26)

メルカリ、ユニクロ新商品「+J」の高額転売に注意喚起 倍額での出品も
ユニクロの新商品「+J 2021年春夏コレクション」について、メルカリが高額転売の可能性があると注意喚起。編集部が確認したところ、定価の倍額での出品もあった。(2021/3/19)

メルカリ、ユニクロ製品の転売対策に本腰 ファーストリテイリングと発売時期などを共有
メルカリと「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングと包括連携協定を締結。新商品の発売時期などを事前に共有し、高額転売への対策に取り組む。(2021/3/18)

世界で活躍するクリエイティブディレクターに聞く【後編】:
レイ・イナモト氏が提言 ニューノーマル時代を生き抜くブランドが実践すべき4つのこと
企業・ブランドがコロナ禍の苦境を乗り越えて生き残るため、レイ・イナモト氏は「Pivot」というキーワードを挙げ、4つの変化を提唱する。それは何か。単独インタビュー後編。(2021/3/17)

積極的な価格競争にはならず:
ユニクロ「9%値下げ」に、ライバル静観の理由
「ユニクロ」や「GU(ジーユー)」を展開するファーストリテイリングは12日、「本体価格」をそのまま「税込み価格」にする実質約9%の値下げを始めた。圧倒的勝ち組の思い切った戦略だが、同業他社はどうするのか。(2021/3/15)

「ユニクロ」「GU」実質9%値下げ 価格据え置きで税込表示
「ユニクロ」と「ジーユー」は12日から、全商品を実質約9%値下げする。消費税込の価格表示が4月1日から義務づけられることに先駆け、これまでの本体価格をそのまま税込価格として表示する。(2021/3/4)

商品タグにも変化:
ユニクロとジーユー、3月12日から総額表示に変更 実質9%の値下げ
ファーストリテイリングはユニクロとジーユーの商品価格を3月12日から総額表示に変更する。原稿の商品本体価格がそのまま消費税込み価格になる。約9%の値下げになるとしている。(2021/3/4)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
菅政権発足から日銀のETF爆買い急失速、それでも不透明な45兆円の出口戦略
日本は「一国の中央銀行が株を買って景気刺激策とする」という、世界でも類を見ない特殊な金融政策を実施している国である。しかし、菅義偉政権発足以降、日銀のETF買い入れが急激に鈍化している。(2021/2/26)

復活時には混乱も:
ユニクロ、「+J」春夏コレクション発売へ 好決算に寄与
ユニクロは2月18日、+Jの2021年春夏コレクションを展開すると発表した。(2021/2/18)

30年半ぶり3万円突破:
“令和バブル”突入か 日経平均「3年後に6万円」予測も
東京株式市場の日経平均株価が15日、約30年半ぶりに3万円の大台を突破した。「実体経済とかけ離れている」と過熱感ばかりを強調する相場解説も多いが、以前から株価3万円を予測していたストラテジストは「通過点にすぎない」として、1989年12月の3万8915円の史上最高値更新と4万円台突入も遠くないとみる。(2021/2/17)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
コロナで日経平均が3万円を超えても安易にバブルといえない理由
日経平均株価指数は8日、2万9388円50銭を記録し、バブル期の1990年8月から約30年6カ月ぶりの高値を記録した。しかし、日経平均株価の仕組みからして、最高値である「3万8957円44銭」はいずれは更新されてしかるべきだ。1989年の日経平均と、2021年における日経平均は全く別の指数だからだ。(2021/2/12)

小売・流通アナリストの視点:
「国道16号」を越えられるか 首都圏スーパーの“双璧”ヤオコーとオーケー、本丸を巡る戦いの行方
コロナ禍で人口流出が話題となる首都圏だが、「国道16号線」を軸に見てみると明暗が大きく分かれそうだ。スーパー業界も16号を境に勢力図が大きく変わる。そんな首都圏のスーパー業界勢力図を、今回は解説する。(2021/1/28)

気温低下で需要高まるも:
アパレル上場企業、12月は8割で前年割れ 目立つ「ワークマン」や「西松屋」の強さ
帝国データバンクが、月次売上高を公開しているアパレル上場企業24社について集計したところ、2020年12月の売上高(全店ベース)が、前年同月を下回ったのは19社だったことが分かった。(2021/1/22)

通期見通しは変えず:
ファーストリテイリング 営業利益23%増 巣ごもり需要で部屋着やヒートテック毛布などが好調
ファーストリテイリングは1月14日、2020年9月〜11月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。それによると、売上高にあたる売上収益は6197億円(前年同期比0.6%減)、営業利益は1130億円(23.3%増)と大幅な増益となった。巣ごもり需要などで国内や中華圏でのユニクロ事業やジーユー事業が好調だったことが影響した。(2021/1/15)

「大企業より中小企業がITを使いこなせる時代」
“伝説のCIO”岡田章二氏が語るDXに必要な経営者の覚悟
「ユニクロ」「GU」を展開するファーストリテイリングで長年にわたりIT部門責任者を務め、同社のグローバル企業への成長をシステム面から支えた岡田章二氏に中小企業のDXにおける課題とチャンスを聞いた。(2021/2/1)

緊急事態宣言の影響も懸念:
ユニクロや無印、ワークマンは前年越え 気温低下で12月度は好調
アパレル各社の2020年12月度の既存店売上高は前年同月比超えが相次いだ。月下旬からの気温低下が追い風となった。一方21年1月度は、首都圏を対象に発出される見込みの緊急事態宣言の影響も懸念される。(2021/1/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ワークマンやカインズを育てた群馬発「ベイシアグループ」の正体
高成長を続けて注目されるワークマンやカインズ。これらの企業は「ベイシアグループ」に属する。1958年、群馬県に誕生した「いせや」はなぜここまで成長したのか。(2020/12/24)

ニーズの差に着目:
市場規模は9200億円 ジーユーが少子化なのにベビー服に参入するワケ
カジュアル衣料品店を運営するジーユーが、ベビー服への参入を発表した。2021年2月22日にキッズ商品を取り扱う全国の大型店舗や、オンラインストアなどで販売を始める。少子化が続く中、なぜジーユーはベビー服に参入するのだろうか。(2020/12/8)

サプライチェーン改革:
物流業務を5倍に高速化、上下に動く3次元走行AGV開発メーカーの「真の強み」
床面の移動だけでなく「上下」の3次元移動を実現する、物流倉庫向けAGVを開発した企業がある。AGVソリューションの開発、販売を手掛けるフランスのベンチャー企業、Exotecだ。「Skypod」と名付けられたこのAGVは、現在、欧州を中心に導入件数を広げており、日本の国内企業でもファーストリテイリングが自社倉庫に導入したと報じられている。3次元移動AGVによって物流倉庫の自動化はどのように変わるのか、また、3次元移動をどのようにして実現したのか。Exotec CEOに話を聞いた。(2020/11/16)

スピン経済の歩き方:
「70歳まで会社にしがみつく人」が結局、会社を弱体化させてしまうワケ
定年を引き上げるニュースが相次いでる。現行の60歳から65歳にする企業が増えてきているわけだが、筆者の窪田氏はこの動きに懸念を抱いている。「長く働くことができていいじゃないか」と思われたかもしれないが……。(2020/11/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。