ニュース
» 2010年10月14日 12時25分 公開

IBM、データ分析のPSS Systemsを買収――コンプライアンス管理機能を強化

IBMは情報管理ソリューションのコンプライアンス機能強化を目指し、データガバナンス技術を手掛ける新興企業PSS Systemsを買収した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米IBMは10月13日(現地時間)、情報分析・データガバナンスサポートを手掛ける米PSS Systemsを買収したと発表した。買収総額などの詳細は公表していない。

 PSS Systemsは、2001年創業の米カリフォルニア州マウンテンビューに拠点を置く非公開企業。同社の主力製品「Atlas Suite」は、企業によるデータの分析、自動化、情報ガバナンスポリシーの策定を支援し、データの処理方法を自動的に決定する。こうした機能は、企業がコンプライアンスに準拠しつつデータ保管コストを削減することを助けるとしている。同スイートはファイナンス、医薬品、エネルギーなど多様な業種で採用されており、英BP、独BASF、米GE、米Pfizerなどを顧客に持つ。

 IBMはPSSを同社のソフトウェア部門に統合し、ソフトウェアは情報管理ソリューション「Information Lifecycle Governance」に組み込む。

 同社は情報管理ソリューションの強化に注力しており、9月にはGRC管理ソリューションの米OpenPagesとデータウェアハウジングアプライアンスメーカーの米Netezzaを買収している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ