ニュース
» 2010年10月21日 07時26分 公開

Apple、デスクトップ向けアプリストア「Mac App Store」を発表

Appleは、累計70億本ダウンロードを誇るモバイルアプリストア「App Store」のMac版、「Mac App Store」を発表した。3カ月以内にオープンする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは10月20日(現地時間)、本社で開催した新製品発表会「Back to the Mac」において、これまでiPhone、iPad、iPod向けに提供してきたApp StoreのMac版に当たる「Mac App Store」を発表した。3カ月以内にオープンし、Mac OS X Snow Leopard搭載のMacで利用できるようになる。

jobs Mac App Storeを紹介するスティーブ・ジョブズCEO

 iPhone、iPad、iPod向けApp Storeは、2008年に「iPhone 3G」発売と同時にオープンし、これまでに70億本以上のアプリがダウンロードされた。サードパーティーの開発者が登録した有料・無料のアプリケーションをユーザーが検索・評価・購入できるという、オンラインアプリストアのさきがけとなったサービスだ。Appleはこのシステムを導入することで、Macの売り上げを強化する狙い。

 Mac App StoreはiTunesと同様の独立したアプリケーションで、iPhone版と同じようにカテゴリー別になったアプリをダウンロードし、Macにインストールできる。利用にはiTunesのアカウントを利用する。インストールしたアプリは自動的にアップデートされる。

 store

 Appleの発表によると、第4四半期のMacの販売台数は過去最高の389万台で売上高は220億ドル。これは同社の売り上げの33%を占める。今回のスペシャルイベントでは、MacBook Airの新モデルとデスクトップ向け新OS「Mac OS X Lion」が発表された。

変更履歴:本文中「MacBook Air」とすべきところを「MacBook AIR」、「iPhone 3G」とすべきところを「初代iPhone」としていました。お詫びして訂正いたします。[2010/10/21 15:30]

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ