ニュース
» 2012年04月02日 15時19分 公開

2012年度入社式:「グローバルを意識せよ」「課題に挑もう」――新入社員に贈るトップメッセージ (2/2)

[國谷武史,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ソフトバンクグループ 孫正義代表

ソフトバンクグループには現在携帯電話事業だけではなく、ヤフーをはじめとしたインターネット企業、海外にもアメリカ、中国、インドなどに合わせて約900社のグループ会社があるが、私が皆さんと同じ年の頃は何もなかった。お金も経験も人脈も、もちろん取引先もお客さまも何もない。しかし、たった一つだけあったのは、大きな志、誰にも負けない情熱だ。大病や会社の大赤字などさまざまな困難に何度もぶつかってきが、それを乗り越えることができたのは、なんとしても情報革命をやる、そして少しでも世界中の人々に幸せになってほしい、そのためにソフトバンクを創業したという思いがあったから。

 皆さんもさまざまな難しい問題にこれからの人生でぶつかることがあると思う。でも一番大切なのは自分自身の思い。誠意を持って物事に取り組んで、一生懸命に純粋な気持ちで頑張っていれば、いつか必ず人々に通じる。しっかりと情熱を持って、熱い気持ちで挑戦し、皆と一緒に力を合わせてやるんだという思いがあれば、物事を成し遂げることができる。

NTTデータ 山下徹社長

 皆さんに期待することは2つ、1つは「全員がグローバル人財」になることだ。ぜひ、グローバルな視点を持って仕事に取り組んでもらいたい。グローバルというと、海外で働くことをイメージすると思うが、国内で実績のある技術やノウハウを世界に展開することはもちろん、逆に海外の技術やノウハウを日本のお客さまに提供することもグローバルだ。もはや国内、海外という区分けを意識する必要はない。どんな仕事に取り組むときにも、世界を相手に仕事をしているという気概、グローバルな視点を持ち続けてほしい。

 2つ目は「一人ひとりがイノベーションリーダー」になること。私たちの役割はただシステムを作ることではなく、システムを通じて、社会の課題を解決し、人々の暮らしをより豊かにする。人々の暮らしに大きな変化を、私たちが起こしていけるよう、皆さんの新たな発想、アイデアに期待している。

日本ユニシス 黒川茂社長

 当社には多くの素晴らしい技術、素晴らしいお客さまがあり、ビジネスチャンスもたくさんある。ぜひ若いときからいろいろなことを経験し、自分自身のために「この分野や技術だったら誰にも負けない」というものを身に付けていただきたい。それが自分自身の大きな自信となり、将来の自分の支えになる。また困ったときは、臆することなく周りに相談してほしい。相談することによって上司や同僚、さらにはお客さまとの間の信頼関係も生まれる。

 グループ社員が一体となり、たゆまぬ変革を日々繰り返し、時代の変化をグループの成長のチャンスへと変えていきたいと思う。皆で力を合わせ、日本ユニシスグループの新しい時代を共に築いていこう。大いに期待している。

伊藤忠テクノソリューションズ 奥田陽一社長

 まず、誰にも負けない強みを何か一つ持ち、競争力のある人材になってほしい。これから皆さんは、さまざまな職種に就くが、それぞれの分野において秀でた存在になるべく、努力してほしい。CTCグループは海外ベンダーとのリレーションシップが強みで、海外展開も本格化するので、英語もしっかりと習得してほしい。

 次に、幅広い見識を持った人材になってほしい。社会人としての一般常識を身に付けるため、自己への投資を惜しまず、視野や見聞を広げることを意識して社会人としての生活を営んでほしいい。今からの積み重ねが皆さんの将来に必ず生きてくる。最後に、これから3年間を基礎固めの期間としてとらえ、一生懸命に業務に取り組んでほしい。これから働いていく上で、挫折しそうになる場面に遭遇するかもしれないが、3年間を乗り切ることで、相応の実力もつき、新たな視野が獲得できるだろう。決して途中で投げ出さず、ぜひ一人前のビジネスマン、ビジネスウーマンになってほしい。

ITホールディングス 岡本晋社長

 皆さんは、来年後輩が入ってくるまではフレッシュマン。フレッシュマンには先輩にどのような助力も頼めるという大きな特権がある。この特権期間の1年でどれだけの知識・技術を身につけられるかが長い社会人人生での生活の分かれ道となり、来年以降、先輩としての力量を測る物差しとなる。

 これからは、仲間や先輩とともに切磋琢磨しながら自分を高めていかなければならない。その厳しい自己研鑽(さん)を積んでいく社会人人生で、唯一今年だけは先輩に甘え、上司に助けを求められる一年。ビジネスに従事していくと、楽しいことも辛いこともたくさんあるが、これからは自分の責任で全てを裁量していく。楽しい人生を送るのも、有意義な人生を送るのも、大きな成功を得るのも、全て自分の責任。努力は必ず報われる。時に苦しいことがあっても、常に前向きの対処をしていけば必ず道は開ける。

関連キーワード

入社 | 社会人 | 新入社員


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ