ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新入社員」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

スピン経済の歩き方:
日本電産永守会長が炎上! 「即戦力になる新卒」を求めることは、罪深いのか
カリスマ経営者が「炎上」してしまった。日本電産の永守重信会長・CEOである。「カンブリア宮殿」(テレビ東京)に出演したときの言動が問題視されているわけだが、どのようなコメントをしたのか。(2020/8/4)

「ITツールをどのくらい使えるか」の重要度が上昇:
アドビが「新卒採用で企業が重視するスキル」の調査結果を発表
アドビの「新卒採用で企業が重視するスキル」に関する調査によると、2020年は2018年に比べて「デジタルリテラシー(ITツールを使いこなす能力)」の重要度が上昇している。最も重要視されているのは2018年と同様オフィスソフトだが、プログラミングや動画編集、写真加工といったクリエイティブ系スキルの重要度が増しているという。(2020/7/31)

賃料は2倍に:
コロナの渦中でオフィスを拡大移転 新卒1万7000人が殺到する中小企業社長の考え
コロナの渦中で、あえて今よりも大きなオフィスに移転する決断をした筆者。新しいオフィスに「本当に今、必要な機能」を持たせれば、業績だけでなく、人材採用でも大きな成果を上げられるからという。(2020/7/28)

新人が勝手に育つ「10秒会話と質問」:
第5回:リモート環境による仕事の丸投げが非効率なワケ
リモート環境下の指導者による「仕事の丸投げ」と新人による「丸投げの相談」の両側面からみた業務効率と新入社員の成長角度について伝える。(2020/7/15)

ディスコ調査:
7月1日時点の新卒内定率、4年ぶりに8割切る――2021年卒就活
新卒内定率が4年ぶりに8割切る結果に。7月1日時点でディスコが調査。新型コロナの影が新卒市場にも。(2020/7/6)

キャリアニュース:
管理職と新入社員の意識比較調査、意識のズレから生じたギャップ
ラーニングエージェンシーが「管理職と新入社員の意識比較調査」の結果を発表した。新入社員時代のうちに身につけたいスキルや理想の上司像について尋ねたところ、いずれも管理職と新入社員との回答に大きなギャップがあった。(2020/7/2)

動画面接にもAIを活用:
エントリシートの評価が大変→AI導入で「作業時間75%削減」 ソフトバンクの攻める採用活動
ソフトバンクの人事部門は2017年度から、エントリーシートの評価にAI(人工知能)を活用。作業時間を75%削減するなど成果を挙げている。20年度の新卒採用からは、1次面接に相当する「動画面接」の評価にもAIを導入した。AI導入で苦労したポイントは何だったのか。(2020/6/24)

理想の上司像:
社会人1年目に身につけてほしいスキルは? 管理職と新入社員の意識にズレ
社会人1年目に身につけたい、身につけてほしいスキルとは? 管理職と新入社員に聞いたところ、最もギャップが大きかったのは……? ラーニングエージェンシー調べ。(2020/6/22)

海外の人材獲得にハードル:
外国人留学生の6割超、日本企業の「終身雇用」「新卒一括採用」に違和感
外国人留学生・元留学生に調査。過半数が日本企業の「終身雇用」「新卒一括採用」に違和感。実際に就職した人からは「長時間労働」への不満が挙がった。(2020/6/19)

2月時点で複数シナリオを想定していた:
デバイスも自宅へ発送する徹底ぶり 「フルリモート」で入社式と新人研修を実施したサイボウズ、その裏側
新型コロナウイルスの影響を受け、入社式を延期したり、入社自体を後ろ倒しにした企業も少なくない。そんな中、サイボウズはフルリモートで入社式・新人研修を行った。デバイスの受け渡しだけは出社して行う企業がほとんどだが、サイボウズは新入社員の自宅へ送るほどの徹底ぶりを見せた。これまでにない取り組みで、どんな発見があったのか。(2020/6/15)

社員研修のプロが語る:
ウィズコロナ時代、新人研修はどう変化していくか オンラインの強みと弱み
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、オンラインで新入社員研修を行う企業も少なくない。社員研修や人材教育を手掛ける企業「新規開拓」の朝倉千恵子社長が、オンライン研修の強みと弱みを解説する。(2020/6/12)

“AI歓迎”の声も多い?:
人事を変えるAI 人事部に求められる役割は?
ビジネスのあらゆる領域でAI(人工知能)の導入が進んでいるが、人事の世界も例外ではない。既存社員の管理から、新卒採用の効率化、離職防止に至るまで、さまざまな活用が生まれている。AIは人事にどのような価値を提供し、逆にどのような問題をもたらしているのか、詳しく見ていこう。(2020/6/12)

新人が勝手に育つ「10秒会話と質問」:
第4回:仕事のクオリティーを上げる「質問ノック」
さまざまな環境下で、新入社員が仕事のクオリティーを高められるような指導上のヒントとは?(2020/6/10)

「障壁は全くない」:
オンライン面接で「一度も会わずに」新卒採用 USEN-NEXT HD人事部門がつかんだコツ
新型コロナウイルスの影響で、多くの企業の新卒採用活動が停滞する中、USEN-NEXT HOLDINGSはいち早く全ての採用プロセスをオンライン化した。全面オンライン化で得た効果、直面した課題は。(2020/6/9)

「出社の仕方が分かりません」新卒記者が語る“コロナ世代”のホンネ
就職から2か月。コロナ禍のせいで入社式以降1度も出社していない筆者は、出社の仕方がわからない。そんな筆者が、研修担当や上司の厚意を無視して“コロナ世代”のホンネを主張する。(2020/6/5)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
コロナ禍で停滞した製菓業界の新卒採用を応援 背後にあるのはIT化の遅れ
製菓業界で就職活動する若者が困っている。新型コロナの影響で求人情報にアクセスできなくなった。背景にあるのはIT化の遅れ。(2020/6/5)

人事部門のRPA活用事例集【前編】
新入社員が直面する「残念なエクスペリエンス」をRPAで解決
RPAによる人事プロセスの自動化はさまざまなメリットをもたらす。3つの成功事例がRPA導入のヒントを提供してくれる。(2020/5/28)

熟練面接官の視点でAIが採用評価――ソフトバンク、新卒採用の動画面接に「AIシステム」を導入
ソフトバンクは、新卒採用選考における動画面接の評価に、AIベンチャーのエクサウィザーズと共同開発したAIシステムを導入する。熟練の採用担当者の観点を学習させた動画解析モデルを用いて、客観的かつ統一された軸で面接動画を自動評価する。選考時間の7割削減が見込まれるという。(2020/5/26)

ソフトバンク、新卒採用の動画面接にAI導入 所要時間を7割削減へ
ソフトバンクが、新卒採用の動画面接にAIによる評価を取り入れると発表。過去の動画などを学習させ、評価を自動で算出できるようにする。選考に要する時間を約70%削減する見込み。(2020/5/25)

リモートワークで新人教育はどう変わる? オンライン研修をした中小企業の気付きと悩み
リモートワーク中に新入社員を迎え入れることになった企業は、どのように研修や教育を行っているのか。リモート研修を実施した企業に聞いた。(2020/5/13)

5年ぶりに上昇 「今の会社で働き続けたい」新入社員は6割
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、この春就職した新入社員の考え方にどのような変化が出ているのだろうか。ラーニングエージェンシーが新入社員に調査したところ……。(2020/4/30)

入社後いきなりテレワーク 新人も企業も模索続く
新型コロナウイルスの感染拡大で、新入社員は入社直後からテレワークを強いられている。新入社員も企業側も時間の使い方や新入社員のフォローなどの面で模索を続けている。(2020/4/21)

MONOist×AUTOMOTIVE JOBS:
毎年1割の新入社員が辞めていく。早期離職は防げないのか?
オートモーティブ・ジョブズの自動車業界採用アナリスト 関寺庸平が、キャリアに関するお悩みにお答えします。(2020/4/8)

「将来的に転職検討」は7割超:
21年卒学生、企業に求めるものは? 「給料」「成長」を抑えて4年連続トップだったのは……
新卒採用のダイレクトリクルーティングサイト「OfferBox」を運営するi-plugは、21年卒予定の学生を対象にした調査結果を発表した。今回で4年目となる。企業に求めるものなどが明らかになり、トップは4年連続である項目に。将来的に転職を検討している人は7割超にのぼった。(2020/4/3)

「絶対に無理はするな ああ新卒楽しそうに出社してくれ」(号泣) 4コマ「新卒にささげる歌」に同意しかない
頑張れ新卒、負けるな新卒。(2020/4/1)

入社式は中止、新人研修はオンライン 対面の場合は少人数に分けるなど工夫を
日本郵政や大手通信事業者などが、入社式を全面中止する判断を下している。大手企業では新入社員研修も主にオンラインで行う場合がある。しかし、対面での実施が好ましいとされる研修もあり、実地で行う場合は、少人数に分けて時間をずらして実施するなど工夫が必要だ。(2020/3/31)

採用予定は「前年並み」:
21年の新卒採用は「Webセミナー」活用が増加 新型コロナ影響でスケジュールはどうなる?
マイナビが発表した「2021年卒企業新卒採用予定調査」の結果によると、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、面接や内々定を出す時期が後ろ倒しになる傾向があることが分かった。また、Webセミナーなどを活用する企業も増えている。(2020/3/30)

AIを学べる新人研修用オンライン教材、アイデミーが無償提供 新型コロナの影響受け
アイデミーが、テレワーク体制のまま新入社員を迎える企業に向け、AIの基礎知識などを学べるオンライン教材を無償提供する。1社当たり10人分のライセンスが無料になる。(2020/3/30)

5月から就労開始:
モス、内定取り消しの学生を対象に採用選考を実施 募集人数に上限なし
新型コロナウイルスの感染拡大で内定取り消しが相次ぐ。モスフードサービスは2020年度入社の新卒採用選考を追加で行う。5月中旬以降からの就労開始を予定。(2020/3/25)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
ソニー、パナソニック、富士通……大手日系メーカーで本格化するAI人材争奪戦
「新卒でも1000万円以上可」や「若手で3000万〜4000万円」も!(2020/3/23)

3位は洗濯機、2位は電子レンジ、1位は?:
4月からの1人暮らし、人気の間取りは? 新たに購入する家電のランキングも明らかに
テックマークジャパンが4月からの新生活に関する調査結果を発表。購入する家電ランキングも明らかになった。新入生、新入社員のそれぞれに人気な間取りも調査した。(2020/3/17)

メガネのOWNDAYSが「内定取り消し」を受けた学生向けに追加採用を実施 新型コロナで
OWNDAYSは、 新型コロナの影響で内定取り消しとなった学生を対象に、2020年4月入社枠の臨時採用を実施する。 新型コロナの影響で業績悪化を懸念した企業が相次いで新卒者の内定を取り消している事態を受けた対応。臨時採用では通常実施している書類選考を免除し、 一次面接・最終面接による選考となる。(2020/3/16)

在宅で新人研修 凸版印刷、新型コロナ対策で
凸版印刷は、新型コロナウイルス感染症対策として、新入社員研修をオンラインで行うと発表した。約2週間、セミナーのライブ配信やオンラインでのコミュニケーションを行う(2020/3/16)

入社式も中止:
凸版印刷が新入社員研修を在宅型オンラインで実施 社員間の交流を促進する工夫も
凸版印刷が入社式を中止して新入社員研修を在宅オンラインで実施する。新型コロナウイルスの感染拡大を受けての措置。どんな研修を行うのか。(2020/3/16)

連載・あなたの会社は大丈夫? 求職者に「ブラック企業」と思われないために:
面接で「してはいけない質問」、知っていますか? 「思想・信条・宗教」だけではない、いくつものタブーとは
新卒採用のシーズンが始まった。採用面接では、求職者の人柄を知ろうと質問をする。しかし、何気なく質問してしまう事項でも、実は聞いてはいけないことがある。「思想・信条・宗教」はもちろんのこと、その他にもたくさん……。ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説する。(2020/3/16)

キャリアニュース:
2021年卒、新卒で入りたい一流ホワイト企業ランキングTOP100
ホワイトアカデミーが、「2021年卒版 新卒で入りたい一流ホワイト企業ランキングTOP100」を発表した。1位は「三菱地所」で、2位「グーグル」、3位「三井物産」と続いた。(2020/3/12)

NEC、新卒採用に“能力給”導入 学生のスキルなど考慮、データサイエンティストらが対象
NECは、2021年4月入社の新卒採用から、入社後の職務に応じた報酬を提示する仕組みを新たに導入する。専門的なスキルを持つ人材を採用するため、学歴・職歴を問わず、職務ベースで月収を設定するという。(2020/3/11)

連載・あなたの会社は大丈夫? 求職者に「ブラック企業」と思われないために:
「デスクでランチ」が多い会社はブラック企業!? そこかしこに潜む、「ブラック企業認定」のリスク
新卒採用のシーズンが始まった。企業は求職者に対して自社を良く見せようとしがち。しかし、何気ない日常にも「ブラック企業」と判断されるリスクが潜む。今回は、「企業説明会」や「会社訪問」について、ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説する。(2020/3/10)

企業側は不安拭い去れるか:
新型コロナで就活生に立ち込める暗雲――8割が不安、9割は影響懸念
新型コロナ報道の中で就活生の8割が「不安」。新卒就活支援サービスが調査した。Web面接・説明会には6割が「抵抗無く」の結果に(2020/3/5)

中小では前年踏襲も:
新型コロナで大手企業、新入社員研修を次々取りやめ・検討も データで明らかに
影響が続く新型コロナ。大手企業中心に新入社員研修取りやめの動き。調査から明らかに。(2020/3/5)

学生から意外な本音も:
新型コロナ対策で急拡大するWeb面接・説明会――就活は「会って話さなくても」良い?
新型コロナ対策で急展開するWeb面接・説明会。新卒就活の在り方を根本から変えるのか。データや学生・採用支援企業の声から探る。(2020/3/4)

新連載・あなたの会社は大丈夫? 求職者に「ブラック企業」と思われないために:
美辞麗句で求職者は騙せない! アピールのはずが「ブラック企業かも」と思われてしまう求人広告の特徴
新卒採用のシーズンが始まった。企業は求職者に対して自社を良く見せようとしがち。しかし、「良かれ」と思ってやっていることで「ブラック企業」と判断されるリスクも。今回は、「求人広告」について、ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説する。(2020/3/4)

新卒の5人に1人がネット銀行利用 開設理由は?
GMOあおぞらネット銀行が3月3日に発表した調査結果によると、全国の大学4年生と社会人1年生が使っている銀行について、選んだ理由は「家族が使っていたから」がトップだった。(2020/3/3)

連載・「人材サービス」が滅ぶ日は来るのか?:
新卒向けサービスが多様化してもなぜ、「3年以内離職率」はずっと3割なのか
2019年、就活サイトの内定辞退率問題で注目を集めた「人材サービス」だが、今その公益性が問われている。しかしながら、ひとくちに「人材サービス」といっても、その実態はなかなか分かりづらいのが現状だ。「人材サービスの公益的発展を考える会」を主催し、「人材サービス」に詳しい川上敬太郎氏が新卒に関するサービスを解説する。(2020/3/2)

家賃はめちゃんこ高いけど:
年収は新卒でも1000万円、生涯エンジニアも可――シリコンバレーで働く魅力
シリコンバレーで20年近くにわたりITエンジニアとして働いてきた「エル氏」が、かの地の魅力、仕事や生活の実情、どうやったら働けるのかなどを等身大でお伝えする連載、いよいよスタートです。SNSに日々の文句を垂れ流しているそこのあなた、そんなに日本が嫌ならシリコンバレーで働きませんか?(2020/3/2)

若手ITエンジニアの「キャリア構築」最前線:
PR:第二新卒・IT未経験からSAPプロフェッショナルとなった女性エンジニアが選んだ技術、スケール、やりがいとは?
昨今のエンジニアを取り巻く環境やテクノロジートレンドは変化が激しい。このような時代だからこそ、自らのキャリアを「将来性」という軸で考えてみることは理にかなっているといえるだろう。今後も「売り手市場」であると予測される職種は何だろうか。SAPコンサルタントはその答えの1つだ。案件そのものが多く、「2025年問題」などが控えているのも事実だが、それ以上に「SAPが企業のデジタル変革(トランスフォーメーション)へのニーズに応えるソリューション」であることから、SAP人材への需要が途切れることはない。しかし、未経験の状態からSAP人材を目指すことは可能なのだろうか? 本稿では第二新卒・非IT業界からSAPのプロフェッショナルへ転身した女性エンジニアとその上司へのインタビューを通じ、「未経験からSAP人材として成長し、キャリアを構築することは可能なのか? そのための環境とは何か」について考えたい。(2020/2/27)

ひらがなだけの「えきのなまえマップ」、マピオンテックラボで公開 幼児教育を視野に新入社員が提案
ONE COMPATHが駅名を中心に表記がひらがなになった地図「えきのなまえマップ」を公開した。ベクトル地図を活用したサービス開発の一環。幼児教育を視野に新入社員が研修中に提案したアイデアを実現した。(2020/1/31)

スピン経済の歩き方:
「若いときにひどい目にあった」自慢のおじさんは、なぜヤバいのか
8月下旬、三菱電機の新入社員が自殺していたことが明らかに。教育主任から「死ね」と言われていことが分かって、この主任は書類送検されたという。それにしても、なぜ同じような問題が繰り返されるのか。背景にあるのは……。(2019/12/10)

1万7000人の新卒が殺到する中小企業社長が語る、優秀な人材の集め方
社員20人の新興企業ながら、新卒採用に学生が殺到することで注目を集めるLegaseedの近藤代表に、人材採用のヒントや日本企業の課題を聞いた。(2019/12/6)

AIで採用活動はどう変わる? セプテーニに聞く「HR Tech」の現在
戦略的な人材計画をテクノロジーで補完するHR Techが注目を集めている。AIを用いた「(入社後の)活躍予測モデル」を新卒採用に導入したセプテーニ・ホールディングスの採用企画部に最新の取り組みを聞いた。(2019/12/6)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。