ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「入社」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「入社」に関する情報が集まったページです。

26年卒750人に聞いた:
出社 VS. リモート 入社意欲が上がる勤務スタイルは?
フルリモートや居住地自由といった、出社しない働き方を前提にする企業も一般的となった一方、最近ではオフィス回帰の動きも見られている。そのような中、2026年卒の学生は「勤務形態」をどのように捉えているか。学情(東京都中央区)が調査を実施した。(2024/7/10)

イオンモール、新卒3年以内の辞退者に採用優遇枠 つながり維持し将来的な入社を期待
イオンモールは2025年度入社の新卒採用から、新卒3年以内の内定辞退者に対して優遇枠を導入する。書類選考と一次面接を免除し、最終面接のみで選考を行う。(2024/7/5)

退職者が選ぶ:
「すぐに辞めたけど良い会社」ランキング トップ20社の傾向は?
新入社員の退職代行サービスの利用増が話題となっている。超短期での退職が増えることは問題だが、自身にあった会社を「選ぶ」ことは大切なこと。3年未満に退職した人に、その会社を評価してもらったところ……。(2024/6/13)

早期離職につながる可能性も:
新卒の配属制度、50%超が「見直す必要アリ」 何を変えるべきか?
半数以上が「新入社員の配属について、制度を変えたり、従来のやり方を見直す必要を感じている」と回答しているが、行動に移せていない企業も少なくない。実際に取り組んでいる企業は、何を変えているのか?(2024/6/12)

「技術力のない新卒」のIT業界サバイバル術:
新社会人「なのちゃん」に、3人の女性エンジニアがアドバイスしたよ
入社1年目でやるべきことは? 技術力以外に必要なスキルは?――学部3年から界隈に飛び込んだ自信“なさなさ”女子大生に、実績由来の自信を持つ“つよつよ”先輩女性エンジニアたちが、よってたかってアドバイスした。(2024/6/26)

キャリアアップ:
初任給9%アップやチーフ年収1.8倍増など待遇改善で、積水ハウスの社員工3.4倍採用
積水ハウス建設は、2024年4月入社の住宅建築を担う社員工「クラフター」として、前年の3.4倍にあたる134人を採用した。併せて2024年度から、自社訓練校の育成カリキュラム見直しや新たな人事評価制度の導入など、多能工人財の育成強化と待遇改善を図った。(2024/6/7)

働き方をデザインする:
求人への応募は3倍に 愛知県の運輸会社が「年間1000万円」かける“本気の健康経営”
今年から始まった残業時間の規制により、ますます人手不足が深刻化する運輸業界。厳しい状況が続く中、愛知県瀬戸市の大橋運輸では県外からも求人に応募があり、6年連続で新卒も入社しているという。同社が選ばれる理由はどこにあるのか……。(2024/6/6)

残り有給日数確認 → “ありえない日数”が表示された新入社員が話題に 「有休消化できない会社」「無限有給編」
後に真相が明らかに。(2024/6/5)

基本給30%増でも「転勤受け入れられない」 総合職正社員の約4割弱
転勤がある会社への応募・入社を回避する就活生・社会人は約半数――。そんな実態が、パーソル総合研究所(東京都港区)が就活生・社会人を対象に実施した調査で分かった。(2024/6/4)

ミドル人材の転職、8割超が「入社後に活躍」 反対に定着・活躍できないケースとは?
エン・ジャパンが調査結果を発表した。(2024/5/31)

教えて!あの企業の20代エース社員:
富士通の27歳エース社員、1年目で花形部署に異例のヘッドハント 信条は「3カ月で成果出す」
新卒1年目で富士通のグループ会社に入社した寺島さん。まさかの1カ月で異動希望を提出し、現在は本社の花形部署で働く。新卒4年目の現在までにどのような経験を積んできたのか、取材した。(2024/5/30)

新入社員に聞いた「入社の決め手」 2位「成長できる環境があると感じた」、1位は?
ジェイックが調査結果を発表した。(2024/5/29)

教えて!あの企業の20代エース社員:
GMO「新卒年収710万円」1期生のAI研究者が語る未来 「技術の進歩は、予想を超える」
将来有望な新入社員に、高額な初任給を――。人手不足が進む中、高額な初任給で優秀な人材を確保しようとする動きが波及している。「新卒年収710万プログラム」が話題となったGMOインターネットグループもそのうちの一社だ。このプログラムの1期生でAI研究者である杜博見さんは、なぜAIに惹かれ、どのような未来を描いているのか。話を聞いた。(2024/5/29)

新卒1年目の5割超が入社1カ月で「転職検討中」、その理由は?
2024年度新卒1年目、入社1カ月で約5割が転職を検討中──そんな調査結果を、Webメディア事業を手掛けるラグザスが発表した。(2024/5/24)

労働市場の今とミライ:
新卒の早期退職、背景に「10年で180度変わった価値観」 辞めないOJTを探る
新入社員の早期退職が話題だ。そのきっかけの一つに「OJT」があるだろう。10年でガラッと変わった新卒の価値観を比較しながら、辞めないOJTについて考えていく。(2024/5/23)

サイバーエージェント、新卒エンジニアの研修資料を2つ無料公開 「システム運用」と「オブザーバビリティ」を解説
サイバーエージェントは、同社の新入社員研修で使った資料「システム運用の基本と戦略」と「オブザーバビリティ研修実践編」の2つを無料公開した。(2024/5/22)

2023〜24年に就活した人のうち、入社後ギャップを感じた人は6割超 何があればギャップを防げたのか
ナイルが調査結果を発表した。(2024/5/21)

マミーマート、正社員向けに奨学金支援制度を導入 安心して働ける環境整備や優秀人材の獲得狙う
貸与奨学金を受けている正社員を対象に、入社から5年間にわたり支援する。(2024/5/17)

Q&A 働き方のお悩み相談:
「Z世代」の新入社員と何を話せばいいか分からない……どう接すればいい?
新入社員の育成を任されましたが、関係構築に難しさを感じています。10歳以上も年下のZ世代の新入社員で会話の糸口をつかめずにいます。どうすればいいですか。(2024/5/10)

良い意味で3年後の自分が何をしているのか分からない:
PR:内製化に舵を切ったトヨタコネクティッドが若手エンジニアを引きつける理由
100年に一度の大変革期にあるといわれる自動車業界において、巨大メーカーのモビリティサービスを先端IT技術で支えるトヨタコネクティッド。コア領域における技術力、開発力の底上げ、ビジネスアジリティ向上を目指して、内製力強化のためにエンジニアの中途採用を急ピッチで進めている。直近の1年で入社した若手エンジニアのお二人に、トヨタコネクティッドを選んだ理由や、現在の業務内容、将来のビジョンなどを伺った。(2024/5/1)

新興のベンチャー企業にエントリー2万人超 就活生が注目する「実践型」インターンシップ
2025年4月入社の新卒採用に向けた企業の活動が本格化する中、就職活動を行う大学生が重視するのが、企業で就業を体験する「インターンシップ」(インターン)だ。企業の事業内容などを知ることに加え、社会人としての予備知識を学ぶことができることから、大学生にはより重視される傾向にある。(2024/5/10)

堤礼実アナの学生時代は……? 日テレアナ、9年前の“懐かしディズニーショット”公開 「写真あったのがすごい」4ショットに「美男美女しかいない」の声
2016年入社の4人。(2024/5/9)

東証プライム上場企業、初任給はどうなった? 152社に聞いた
民間調査機関の労務行政研究所(東京都品川区)は、2024年4月の新卒入社の初任給について調査を実施した。その結果、東証プライム上場企業の全産業(152社)のうち、初任給を「全学歴引き上げた」企業は86.8%だった。(2024/5/9)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
「実質義務なのに?」 勉強会は“自己研鑽だから”残業代ナシ──NGなのか?
若手向けに有志の勉強会を開催しています。入社3年目まではなるべく毎回参加するように声掛けをしていますが、「参加するように義務付けられているようなものなのに、残業代が出ないのはおかしい」と人事部に問い合わせがありました。(2024/5/7)

若年富裕層ターゲットに百貨店外商「若返り」戦略 アプリ増強、新入社員配属
若年富裕層の外商顧客の利便性向上に応えようと、各百貨店が力を入れている。各店では、数十年ぶりに新入社員を外商部門に配属させるなど取り組みを強化。近鉄百貨店では、2021年から4年連続で新入社員を配属しているほか、外商顧客向けに情報を発信するアプリの登録者数を27年までに倍となる約10万人に増やす方針を明らかにした。(2024/5/2)

新入社員の“理想の上司”像 「声を掛けてくれる」「丁寧な指導」を抑えた1位は?
新型コロナウィルスの影響を大きく受け、オンラインによるコミュニケーションを中心に過ごしてきた2024年の新入社員が考える「理想の上司」とは。ALL DIFFERENT(東京都千代田区)の研究機関であるラーニングイノベーション総合研究所が調査を実施した。(2024/4/30)

新入社員が入社後感じるギャップ 「給与や待遇」「福利厚生」を抑えた1位は?
売り手市場が続く昨今の新卒採用において、企業は新入社員に自社のことを深く理解してもらえるようさまざまな工夫を凝らしている。それでもなお、多くの新入社員は入社後のギャップにショックを受けているようだ。新卒が感じる入社後ギャップにはどんなものがあるのか。(2024/4/25)

その悩み、生成AIが解決:
電話対応が苦手 ChatGPT「音声会話」機能を使うと……?
電話に不慣れな新入社員にとって、会社にかかってくる電話の取り次ぎは大きなハードルに感じるかもしれない。そのような場合も、シンプルなプロンプトでChatGPTが練習相手になってくれる。(2024/4/24)

「会社と合わない」 退職代行サービスに早くも新卒の依頼殺到 SNSで違和感増幅
新年度が始まって半月が過ぎたが、新入社員の退職希望を企業側に伝える「退職代行」サービスに、早くも依頼が殺到している。(2024/4/19)

退職代行サービスに早くも新卒からの依頼、理由は?
新年度が始まって半月が過ぎたが、新入社員の退職希望を企業側に伝える「退職代行」サービスに、早くも依頼が殺到している。(2024/4/19)

就活生の8割が入社後の「配属ガチャ」を懸念 企業選びで重視することは?
就職活動に対してZ世代の学生はどんなことを意識しているのか。電通が実施した調査によると、就活生の8割が入社後の「配属ガチャ」を懸念していることが分かった。また、企業を選ぶ際にポイントとなるのは「給料がいい」(46.7%)だった。(2024/4/17)

日本人の7割が「静かな退職」状態:
「必要以上に頑張らない」は悪いこと? 熱意あった若者がやる気をなくすワケ
退職するわけではないけれど、仕事への熱意も職場への帰属意識も薄い――という状態が「静かな退職(Quiet Quitting)」が注目されている。日本においても、会社員の7割以上が静かな退職状態だという調査結果がある。やる気をもって入社した若者たちが静かな退職を選ぶことを防ぐにはどうしたら良いのか、考えてみよう。(2024/4/15)

退職代行を頼る新卒社員 入社後すぐ辞める若手のリアルな声
新入社員からの退職代行依頼が相次いでいるという。退職代行サービス「モームリ」を管理するアルバトロス(東京都大田区)の代表取締役・谷本慎二氏に話を聞いた。(2024/4/13)

4月入社の新入社員、2割がすでに「転職意向あり」 その理由は?
Hagakureの運営するWebマーケティングスクール「デジプロ」は、2024年4月入社の新入社員を対象に「転職とリスキリングに関する意識調査」を実施した。その結果、入社時点ですでに転職を考えている人が約2割いる一方、自身のスキルアップなどを目的とするリスキリングは、34%が「全くしていない」と回答したことが分かった。(2024/4/13)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
なぜ、すぐに「辞めます!」という新入社員が増えているのか
「入社前に聞いていた話と全然違う 」――そんな理由で、入社早々に会社を辞める新入社員が話題を集めている。なぜ、すぐに辞める新人が増えているのか。元凶は、どこにあるのだろうか?(2024/4/12)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
新入社員に語りたい、低い歩留まりを乗り越えた全固体ナトリウムイオン二次電池の話
新入社員へのエールを込めて日本電気硝子の全固体ナトリウムイオン二次電池について語っています。(2024/4/11)

三宅アナ&軽部アナ、現在と40年前の比較ショットに「こんなメガネだったんですね」「昭和感満載」と驚きの声
現在と入社当時の写真を公開。(2024/4/9)

パーソナライズされた歓迎メッセージを送る:
ADKホールディングスの2024年入社式で「AI-CEO」が新入社員を歓迎
ADKホールディングスは2024年度入社式において社長のAIアバター「AI-CEO」が新入社員を歓迎する生成AI体験を実施した。(2024/4/8)

営業職のオフィスコーデ、おしゃれを楽しむのは入社何年目から? 1〜3年目の劇的変化まとめに「めっちゃ参考になる!」「理想のコーディネート」
大人かわいいコーデです。(2024/4/7)

今どきの新入社員に点数をつけるなら? 自分が新入社員だった時との比較は
女性の転職サイト「女の転職type」を運営するキャリアデザインセンターは、新入社員についてのアンケートを実施した。新入社員を評価した点数の平均は70.4点だった。(2024/4/3)

早速出たぞ、24年度研修資料 新卒向け「エンジニア基礎」、ウィルゲートが公開 “プロ意識”を解説
コンテンツマーケティング事業などを手掛けるウィルゲートは、新入社員向け研修資料「エンジニア基礎」を公開した。「エンジニアが持つべきプロ意識とは?」など、基本の心構えなどを全218ページに渡って解説している。(2024/4/2)

入社後の配属先が希望と異なる時、4人に1人が「入社辞退を検討する」 理由は「不安」
レバレジーズの調査で、入社後の配属先が希望と異なる場合、約4人に1人の学生が「入社辞退や早期退職を検討する」と答えたことが分かった。(2024/4/2)

新社会人が感じるギャップ 3位「仕事量」、2位「上司とのコミュニケーション」、1位は?
新社会人が入社前後で感じるギャップは何か。auじぶん銀行(東京都中央区)が実施した調査によると、1位は「給与が低い」(34.0%)で、2位は「上司とのコミュニケーションが難しい」(20.4%)、3位は「仕事量が多い」(19.0%)だった。(2024/3/27)

半径300メートルのIT:
動画で学ぶセキュリティ対策 新卒用の教材にオススメのコンテンツを紹介
もうすぐ新卒入社の時期です。最近の学生は下手をすればわれわれよりもITの知識が豊富かもしれませんが、セキュリティについてはそうとも言い切れません。そこで今回は動画も含めた新入社員にお薦めのセキュリティコンテンツを紹介します。(2024/3/26)

素材/化学メルマガ 編集後記:
働き方が多様化する現代で正社員の価値について考える、若者もやっぱり安定に喜び
4月と言えば入社式。そんな時期に改めて正社員のメリットについて考えてみました。(2024/3/25)

99.9%が「満足」も パナソニックの若手社員が「社内運動会」で見つけた課題
パナソニックが開催した「社内運動会」が話題だ。ひと昔前のイベントというイメージがある社内運動会だが、主催・実行したのは自主的に集まった令和入社の若手社員たちだった。なぜ若手社員たちは、社内運動会を開催しようと考えたのだろうか。(2024/3/17)

大手新卒17年。自分のスキルは通用するのか?――ベンチャー企業に3カ月「留学」して得たもの
「今の仕事ができるのも、自社の看板があるからでは? これまでやってきたことはよそで通じるのか?」――そんな思いを抱えていた大日本印刷に勤める渡邉厚太さんは「複業留学」のプログラムに参加し、ベンチャー企業での勤務を体験した。2006年に新卒でDNPに入社し、17年目にして初めて他社で働く経験をした渡邉さん。3カ月間の複業留学を経て、何を得たのか?(2024/3/15)

328人に聞いた:
企業のリスキリングの有無、入社の意思決定にどう影響?
「リスキリングの機会を求めて転職した」という人は3割に上ったことがサイトエンジンの調査で明らかとなった。企業によるリスキリング機会の有無は、働き手の意欲にどう影響するのか。(2024/3/11)

新卒からも中途からも、満足度が高い日系大手企業はどこか
転職・就職のための情報プラットフォームを運営するオープンワークは、「新卒入社 vs 中途入社 評価がフラットな日系大手企業ランキング」を発表した。評価が高かったのは……。(2024/2/29)

テレ朝入社2年目・鈴木新彩アナが「さらさラジオ」 同局発表の新規事業で
3コンテンツが20日配信スタート。(2024/2/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。