ニュース
» 2013年06月10日 11時54分 公開

NEC、OpenFlow 1.3対応のネットワーク製品をリリース

最新版のOpenFlow ver1.3に準拠するネットワークコントローラとスイッチを発表した。

[ITmedia]
UNIVERGE PF5459-48XP

 NECは6月10日、ネットワーク製品「ProgrammableFlow Controller」シリーズの新製品となるスイッチ「UNIVERGE PF5459-48GT/-48XP」と、コントローラ「UNIVERGE PF6800」の機能強化を発表した。OpenFlow標準仕様の最新版となるVer.1.3に準拠し、ネットワーク構築におけるユーザーの機器の選択肢が広がるという。

 新機能では「MACマッピング機能」を提供する。同機能は、OpenFlowネットワークに接続する端末のMACアドレスを認識してネットワークポリシーを自動的に適用し、端末が所属するバーチャルテナントネットワーク(VTN)へ割り当てる。端末を移動させても設定変更が不要となり、誤った接続や設定によるトラブルを未然に防止できるという。

 新製品のUNIVERGE PF5459スイッチは、フローテーブルに加えて、MACアドレステーブルも利用する「MAC Forwarding機能」を搭載。多数のサーバを収容するラックに設置して、ネットワークを束ねる用途としての使用に最適だという。48GT(税別155万円)では1Gを48ポート、48XP(同345万円)では10Gを48ポート搭載する。

関連キーワード

OpenFlow | NEC(日本電気) | UNIVERGE


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -