ニュース
» 2013年06月11日 16時06分 公開

国内タレントマネジメント市場は成長過程にある ITR調査

人事管理や給与管理、人材管理などの製品を基に、ITRはタレントマネジメント市場の分析結果を発表した。

[ITmedia]

 IT調査会社のアイ・ティ・アール(ITR)は6月11日、国内人材管理市場に関する調査結果を発表した。主にグローバル展開する企業によるニーズの高まりを受け、大幅な成長傾向にあるという。

 同調査は、人事管理、給与管理、人材管理(タレントマネジメント)、就業管理、LSP(Labor Scheduling Program:就労者スケジューリング・プログラム)、LMS(Learning Management System:学習管理システム)製品を対象に実施。人材管理市場全体で見ると、2011年度の出荷金額は約15億円で、前年度比48.0%増となった。2012年度については、出荷金額が約17億円で、前年度比12.8%増と引き続き大きな伸びを見込んでいる。2011年度から2016年度までの年平均成長率(CAGR)は9.2%を予測する。

人材管理市場規模推移および予測(出典:ITR) 人材管理市場規模推移および予測(出典:ITR)

 各製品分野に関して、人事管理は2011年度が前年度比2.9%減で、2012年度は3.2%増に回復する。給与管理は2011年度が1.5%の微増で、2012年度は5.2%増となる。人材管理は2011年度が48.0%増、2012年度も12.8%増と大きく伸びる。就業管理は2012年度が1.1%増、LSPは2011年度が16.5%増、2012年度も15.2%増となる。LMSの2011年度は23.7%増で、2012年度には大企業への導入が進み12.9%増としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -