ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「グローバル経営」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

エンワールド・ジャパン調べ:
コロナ禍のボーナス、外資系・グローバル企業で変化はあった?
新型コロナウイルの影響を大きく受けた2020年。外資系企業などではボーナスの支給額に変化があったのだろうか。人材紹介会社のエンワールド・ジャパンが、外資系企業と海外でもビジネスを展開する日系企業を対象にアンケートを実施した。(2021/1/8)

毎月の「在宅勤務手当」支給、外資系・グローバル企業では2割 エンワールド・ジャパン調査
テレワーク導入後に「在宅勤務手当」を支給している企業は何割? 人材会社のエンワールド・ジャパンが外資系企業とグローバル企業を対象にした調査結果を発表。手当の金額は「3000円以上〜5000円未満」が最多だった。(2020/12/25)

なぜ島津製作所はノーベル賞企業になれたのか〜歴史から学ぶ成長する企業の必須要素:
最先端テクノロジーの起源は仏具
仏具は日本のものづくりの原点であり、京都の仏具商からは最先端テクノロジーをけん引するグローバル企業が生まれている。(2020/12/9)

FAニュース:
設備保全の負荷を軽減、金属粉や油で起きる絶縁体劣化の遠隔監視機器
オムロンは2020年11月30日、製造現場の異常状態を人に代わって監視する絶縁抵抗監視機器「K7GE-MG」を同年12月1日に発売すると発表した。順次グローバル展開を進めていく計画だ。(2020/12/1)

味の素、契約作業の効率化に電子サイン導入 全社展開へ
味の素は、契約締結業務の効率化と柔軟な働き方の実現に向け、アドビの「Adobe Sign」を導入した。今後は、グローバル拠点も含めた全社導入を進める。(2020/11/19)

プレミアムコンテンツ:
「RPA」導入に満足する企業、苦労する企業の違いは?
導入したロボティックプロセスオートメーション(RPA)製品に満足している企業がある一方、RPA製品のグローバル展開に時間がかかり、すぐには成果が得られなかった企業もある。両社の違いを生んだ要因とは。(2020/11/16)

転職希望者のうち「新型コロナがきっかけ」は12% 年収800万円以上のグローバル人材対象の調査
外資系企業や日系グローバル企業の正社員かつ、年収800万円以上のグローバル人材1004人を対象にアンケート。結果は?(2020/11/8)

「スシローグローバルホールディングス」社名変更 「FOOD & LIFE COMPANIES」に
グローバル展開の加速などに向けた変更。(2020/11/6)

日立がLumadaソリューションのエコシステムを発表 世界展開も視野に
日立は、Lumada事業のグローバル展開の中核を担うHitachi Vantaraと連携して「Lumadaアライアンスプログラム」の世界展開を開始する。業界を越えた多様なパートナー企業とエコシステムを構築する。(2020/11/5)

アートの力で課題解決を:
アナログ回帰のコピック 製造会社社長が描くグローバル戦略と「アワード開催の真の狙い」
漫画家やイラストレーターに長年にわたって愛用され続けている画材・コピック。製造会社のトゥーマーカープロダクツは「コピックアワード」と題する作品コンテストを2017年から開いている。その狙いと、その先に描くグローバル戦略を聞いた。(2020/10/22)

コロナ禍の影響も:
日本企業の最上位は? 世界の「ブランド価値」ランキング、1位は8年連続アップル
米インターブランドは、グローバル企業を対象にしたブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2020」を発表した。1位は8年連続で米アップル。日本企業では、トヨタ自動車が前年と同じ7位で最上位だった。(2020/10/20)

FAインタビュー:
FA機器メーカーから製造プラットフォーマーへ、ロックウェルの目指す新たな姿
FA用制御機器のグローバル企業である米Rockwell Automationは、スマートファクトリー化などの流れの中で、ITシステムなどを組み合わせたモノづくりプラットフォーマーへと役割を変化させつつあり、日本でもこれらの取り組みを本格的に広げていく方針を示す。日本での取り組みについて、ロックウェル オートメーション ジャパン 代表取締役社長の矢田智巳氏と、同社A&S, Power Control&IC Regional Managerの吉田高志氏に話を聞いた。(2020/9/28)

製造IT導入事例:
複雑化したグローバル経営管理基盤を再編、カナデンが「SAP S/4HANA」を採用
SAPジャパンは、エレクトロニクス技術商社のカナデンが、ERPソフトウェア「SAP S/4HANA」をグローバル経営管理基盤として採用したと発表した。i-ESMを採用した国内初のプロジェクトとなる。(2020/9/4)

トヨタ、AWSと業務提携拡大 モビリティー事業者向けサービス強化
トヨタ自動車はモビリティー事業者向けの「モビリティーサービス・プラットフォーム」(MSPF)強化のため、米Amazon Web Services(AWS)との業務提携を拡大する。今回の提携でトヨタグループ全体のビッグデータ基盤の強化やグローバル展開の加速を目指すという。(2020/8/18)

メルカリ、台湾の大手マーケットプレース「Shopee」と連携 海外在住でも商品買いやすく
フリマアプリ「メルカリ」に出品された一部商品を台湾や東南アジア地域向けのECサイト「Shopee」上で閲覧、購入できるサービスをメルカリが開始。台湾を皮切りにグローバル展開を強化する。(2020/8/12)

IoTによる製造業の革新:
PR:東芝が描く2つのデジタル変革、自らの経験・知見を活かした“ものづくりサービスカンパニー”へ
製造業のデジタル化に注目が集まるが、グローバル競争で勝ち抜くためには「従来の強み」に「デジタル技術」を最適に組み合わせることが重要だ。こうした提案を強化しているのが東芝デジタルソリューションズである。東芝グループが持つものづくりやインフラ事業でのノウハウを活かした「2つのデジタル変革」をサポートするソリューションと、サービスカンパニーへ向けた取り組みを紹介する。(2020/7/13)

製造マネジメントニュース:
新たなメイドインジャパンで世界に、NTTとNECが資本業務提携
NTTとNECは2020年6月25日、革新的光・無線技術を活用したICT製品の共同研究開発とグローバル展開を目的とした資本業務提携に合意したと発表した。(2020/6/26)

NTTとNECが次世代無線技術で資本業務提携 「世界に出る最後のチャンスかもしれない」
NTTとNECが、5G通信や光通信技術を活用した製品の共同開発や、グローバル展開に向け資本業務提携を結んだと発表した。(2020/6/25)

製造マネジメントニュース:
三菱電機がTFT液晶モジュール事業を終息、グローバル競争激化により
三菱電機は2020年6月15日、子会社のメルコ・ディスプレイ・テクノロジー(以下、MDTI)でのTFT液晶モジュールの生産を2022年6月をめどに終了し、液晶事業を終息することを発表した。(2020/6/16)

グローバル企業、78%がマーケティング予算縮小 コロナ禍で
新型コロナの影響が広告予算に及んでいる。電通イージス・ネットワークが行った調査によると、世界のグローバル企業顧客の78%がマーケティング予算を縮小、約半数が2020年度の予算を15%以上カットするという。(2020/6/9)

Tencent、「牧場物語」マーベラスの筆頭株主に 5G対応やグローバル展開を支援
マーベラスは、中国Tencent傘下の投資会社Image Frame Investment(IFI)と資本業務提携を結んだ。IFIは発行済み株式数の13.9%を約49億円で取得する他、主要株主が売り出す株式を約20億円で取得し、議決権の約20%を持つ筆頭株主となる。(2020/5/26)

特選プレミアムコンテンツガイド
「RPA」導入に満足する企業、苦労する企業の違いは?
導入したロボティックプロセスオートメーション(RPA)製品に満足している企業がある一方、RPA製品のグローバル展開に時間がかかり、すぐには成果が得られなかった企業もある。両社の違いを生んだ要因とは。(2020/5/14)

デジタルマーケティングの生産性を向上させるCMS:
PR:日本企業が世界で戦えるWebサイトを作るために必要なこと
一貫性のあるブランド体験のためのコミュニケーション基盤を、市場展開のスピードを損なうことなく運営するにはどうすればいいか。グローバル企業のWebサイト構築を成功させる秘訣(ひけつ)を探る。(2020/4/6)

製造マネジメントニュース:
国ごとの安全性規格取得を簡便化、OKIエンジがCB証明書の申請サービスを開始
OKIエンジニアリングはCB証明書のワンストップ申請サービスを提供開始する。電気製品の安全性に関する規格の各国申請手続きを簡便化し、メーカーのグローバル展開を効率化する。(2020/3/27)

IBM調査から読み解く「データ活用戦略の一般原理」(前編):
DX後進国・日本、価値創出事例から「アウトカム型のビジネスモデル」を考える
「IBM グローバル経営層スタディ日本版」が発表された。世界と日本の経営層のデータ活用に対する意識の違いが明らかになった。そもそも「どのようなデータを収集すべきか」が定まっていない企業が多いのはなぜか。(2020/2/4)

佐藤可士和氏がデザイン:
くら寿司が新しいロゴを発表 バラバラだったロゴを統一する狙いとは
くら寿司がロゴを刷新する。グローバル展開を加速させるために各国のロゴを統一する。2030年までに全世界の店舗数を現在の495店から1000店まで増やす。(2020/1/21)

ITmedia エグゼクティブ勉強会:
技術者よ、経営トップを目指せ! 〜大手グローバル企業の経営を変えた男が明かす戦略思考
国内外の経営の最前線で実務・キャリアを重ねてきた五十嵐氏が、自身の知見や実体験を基に、「なぜ今、技術者が企業経営に関わらなければならないのか」について明らかにします。(2020/1/21)

YouTube、子ども向けコンテンツの新ルールをグローバル展開
YouTubeは、予告通りクリエイター向けの子ども向けコンテンツの設定をグローバルに義務付けると発表した。FTCとの和解条件である児童オンラインプライバシー保護法COPPAに順守するためだ。(2020/1/7)

UiPathやBlue PrismではなくAutomation Anywhereを選定
Excel依存の大手化学メーカーが「RPA」を全社導入 そのメリットと課題は?
グローバル企業のEastman Chemical Companyは、全社的なRPA導入計画にAutomation Anywhereを採用した。導入して分かったメリットと課題、他のRPAソフトウェアとの違いは。(2019/12/10)

「グローバル経営層スタディ」発表:
「信頼を得た企業は、より多くの顧客データを活用できる」 IBM調査
IBMは、「グローバル経営層スタディ『Build Your Trust Advantage:信頼による卓越』」を発表した。それによると、顧客からの「信頼」を得て、データそのものを「信頼」しつつ、エコシステムでデータ流通に対する「相互信頼」を形成できている企業がDXをけん引していることが分かった。(2019/12/3)

製造マネジメントニュース:
川崎重工とオプティムが業務提携、精密機械におけるAI活用などが狙い
川崎重工業とオプティムは、精密機械およびロボット分野のAI、IoT活用に関して業務提携の覚書を締結した。両社それぞれの強みを生かしながら、AI、IoT関連の新たなビジネスソリューションを早期に開発し、グローバル展開を目指す。(2019/11/26)

製造マネジメントニュース:
グローバル戦略で生産実績に明暗、日系自動車メーカーの2019年4〜9月
日系乗用車メーカー各社の2019年度上期(2019年4〜9月)の生産実績は、メーカーによって明暗がはっきりと分かれる結果となった。グローバル生産台数では、トヨタ自動車、ホンダ、ダイハツ工業の3社は上期として過去最高を更新した。一方で、日産自動車、スズキ、マツダ、三菱自動車の4社は前年同期の実績を下回った。(2019/11/20)

ビジネスの起点はWebサイト:
PR:「最高の顧客体験」の作り方 変化に気付いたマーケターが取り入れている手法
マーケティングの常識は様変わりした。企業の顔であるWebサイトで「コンテンツ」をどう生かすかが、ライバルとの勝敗を左右する。変化にいち早く気付いたグローバル企業は何を使い、どう対策しているのか。(2019/11/6)

ビジネスの起点はWebサイト
「最高の顧客体験」の作り方 変化に気付いたマーケターが取り入れている手法
マーケティングの常識は様変わりした。企業の顔であるWebサイトで「コンテンツ」をどう生かすかが、ライバルとの勝敗を左右する。変化にいち早く気付いたグローバル企業は何を使い、どう対策しているのか。(2019/11/6)

FAニュース:
ISO20430やOPC‐UAに対応する、電気式射出成形機の新シリーズ
日精樹脂工業は、電気式射出成形機のグローバル戦略機となる「NEX-V」シリーズを発表した。成形工場のIoT化を推進する新型コントローラー「TACT5」を搭載するほか、世界統一安全規格ISO20430や産業用通信の標準規格OPC‐UAなどに対応する。(2019/10/29)

エンドポイントはシンプルに
VDIの端末用OSに最適な「IGEL OS」導入事例
資産管理会社のAberdeen Standard Investmentsは、VDIをグローバル展開するに当たって端末のOSに「IGEL OS」を採用した。IGELのツールによりWindowsからの移行も容易だったようだ。(2019/10/28)

モビリティサービス:
グローバル展開できるMaaSはない、「プラットフォーマー狙わずオープン化を」
PwCコンサルティングは2019年9月3日、東京都内で記者説明会を開き、次世代モビリティやMaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)の動向について紹介した。(2019/9/4)

製造IT導入事例:
炭素製品メーカーがクラウド人事基盤を導入、グローバル人材情報管理の構築へ
SAPのクラウド人事システム「SAP SuccessFactors」を、東洋炭素がグローバル人事プラットフォームとして採用した。人材育成や、統一基準による評価制度の運用など一元的に管理可能なタレントマネジメントシステムの構築を目指す。(2019/8/14)

製造マネジメントニュース:
新グローバルブランドでソリューション提案を強化、シナノケンシの取り組み
シナノケンシは2019年6月13日、創業101年目に際し、新たなコーポレートブランドとして「ASPINA(アスピナ)」を展開することを発表した。社名変更は行わないが、統一コーポレートブランドとしてグローバルで展開する。(2019/6/14)

製造ITニュース:
SAPがS/4HANA移行支援プロジェクトを発表、クラウドプラットフォーマーと連携
SAPはクラウドプラットフォーマーのMicrosoft、Amazon、Googleやグローバル戦略サービスパートナーとのコラボレーションプログラム「Embrace」を発表した。(2019/6/12)

電気自動車:
トヨタの超小型EVは「オープン価格で販売」、電池活用まで事業を企画
トヨタ自動車は2019年6月7日、東京都内で会見を開き、電気自動車(EV)の普及戦略を説明した。超小型EVを活用した新たなビジネスモデルの構築や、さまざまなEVの低コストで効率的な開発とグローバル展開、電池の供給体制整備や電池の付加価値を最大限に生かすビジネスモデル構築などに取り組む。(2019/6/11)

医療機器ニュース:
医療機器メーカーの世界展開を“デジタル化”で支援する包括的ソリューション
シーメンスPLMソフトウェアは、医療機器メーカーのグローバル展開を成功へと導くデジタライゼーションの重要性と、医療機器産業における同社ソリューションに関する記者説明会を開催した。(2019/6/4)

製造ITニュース:
顧客のDX実現を全てサポート、富士通がデータ×AIを描く
富士通は2019年5月14日、顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)実現をデータとAI(人工知能)活用で支援するプロセスとフレームワーク「Design the Trusted Future by Data × AI」を発表した。同プロセス・フレームワークを用いたサービス提供は2019年7月にグローバル展開を開始する予定だ。(2019/5/16)

PR:石油インフラを担うグローバル企業の「財務戦略」 海外子会社設立の“壁”を乗り越えた改革とは?
エネルギーの「上流部門」を手掛ける日本最大の石油・天然ガス開発企業である国際石油開発帝石(INPEX)。グループ財務のさらなる高度化に向け、シンガポールに金融子会社設立を決断した。しかし、既存の仕組みでは対応困難な課題に直面。解決のために白羽の矢を立てたのが、キリバのクラウド型グローバル財務管理ソリューションだった。(2019/5/16)

製造業IoT:
通信以外の価値も提供するKDDI、東芝とグローバル展開を見据えたIoT事業で協業
KDDIと東芝、東芝デジタルソリューションズの3社は、グローバル展開を見据えたIoT(モノのインターネット)事業の取り組みにおける協業を発表した。KDDIの「IoT世界基盤」と東芝のエンタープライズIoTサービス「SPINEX」を連携させ、IoT機器の通信接続からデータ収集、蓄積、見える化、分析および活用までをワンストップで提供する。(2019/4/24)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
「グローバル展開と基幹システム」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(3000円分)」をプレゼント。(2019/3/25)

Computer Weekly導入ガイド
コンテナとDevOpsに求められるセキュリティ
高速で安全なコンテナとコンテナオーケストレーションに、グローバル企業が目覚めつつある。だがセキュリティが脅かされることがあってはならない。(2019/3/8)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
「グローバル展開と基幹システム」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(3000円分)」をプレゼント。(2019/2/8)

デジタルマーケティングの生産性を向上させるCMS
日本企業が世界で戦えるWebサイトを作るために必要なこと
一貫性のあるブランド体験のためのコミュニケーション基盤を、市場展開のスピードを損なうことなく運営するにはどうすればいいか。グローバル企業のWebサイト構築を成功させる秘訣(ひけつ)を探る。(2019/2/1)

今日のリサーチ:
グローバル企業の約9割がカスタマージャーニーの改善にAIを活用している――Genesys調査
コールセンター向けソフトウェアベンダー大手のGenesysはMIT Technology Reviewと共同で、18カ国600人のシニアエグゼクティブを対象としたグローバル調査を実施しました。(2018/11/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。