ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「人事システム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人事システム」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
「旧A社は給与が高いのに、旧B社は残業代すら出ない」を防ぐために M&Aの際、人事制度はどう統合すべきか
M&Aの中でも特に重要となる「人事制度統合」。アプローチを少しでも間違えると従業員のモチベーションダウンを招きやすく、慎重な対応が必要だ。(2021/12/2)

マネフォ、社内向けAIチャットボット買収でUX向上とクロスセル狙う
マネーフォワードは11月30日、人事労務などの社員からの質問に答えるAIチャットボットを運営するHiTTO(東京都千代田区)を買収し子会社化すると発表した。20億円をかけて全株を取得する。(2021/11/30)

社労士・井口克己の労務Q&A:
有給「未消化」が50人! 罰金30万円×50人分を払う必要が……ある? ない?
当社には50人ほど、「年5日以上の有給」を取得できていない社員がいます。取得できないと1人につき罰金30万と聞きました。このままだと50人分の1500万円の罰金を支払うことになるのでしょうか?(2021/11/30)

ワクチン義務化で離職を恐れる米国企業【後編】
「ワクチン接種義務化」が雇用にもたらす“負の影響”とは?
米国の一部州で始まっているワクチン接種義務化が米国全土に広がることで、雇用にはどのような悪影響が生じる可能性があるのか。米国の取り組みを紹介する。(2021/11/30)

Q&A 総務・人事の相談所:
「好き嫌いで評価が決まる」と社員の不満が爆発寸前、“評価の揺れ”はどうしたら改善できる?
部署によって評価の甘い/厳しいに揺れがあり、従業員の間で「好き嫌いで評価が決まる」「結局上司に気に入られた人だけが出世する」と受け取られ、不満が増大している企業。改善のためには、どうしたらいいのか──?(2021/11/15)

人事が考える「45歳以上の中高年人材」課題 3位「キャリア支援不足」、2位「学びの場の少なさ」、1位は?
法人向け統合人事システムを展開するWorks Human Intelligenceが国内大手54法人を対象に実施したアンケート調査で、人事担当が考える中高年人材の課題1位は「自律的なリスキル(学び直し)の必要性」であることが判明した。(2021/11/12)

米国は出身大学で大きな差:
なぜ日本の初任給は一律なのか? 不自然な「職能給」
欧米系の企業はジョブに基づいた職務給を、日本企業は人を基準とした職能給を主に採用しているといわれている。しかし、人事コンサルタントの筆者は、日本の賃金制度は全く“職能”に基づいていないと考えている。日米の賃金制度の違いから、日本の賃金制度の本質について考える。(2021/11/11)

グローバルで人事改革:
職位等級を全世界で統一 オリンパス、日本型でも欧米型でもない「ハイブリッド人事制度」の全貌
従来の日本型を否定するわけではない、欧米型をまねするわけではない「ハイブリッドなHR」を目指し、人事改革に1年間取り組んできたオリンパス。その成果は……?(2021/11/11)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
買収する企業、される企業 2社の社内制度をどう融合? 人事がやるべきことリスト
M&Aで異なる2社を統合していくにあたっては、さまざまな社内制度や仕組みをどう折り合わせていくかが問題になる。双方の企業の了解を取り付けながら調整していくために、人事責任者にはどのようなアクションが求められるのか、解説する。(2021/11/8)

社労士・井口克己の労務Q&A:
持病のある社員が、職場のクラスターで重症化 会社の責任は?
テレワークの環境が整備できておらず、在宅勤務を希望する社員も出社させていました。そんな中、職場で感染者が数名発生。持病のある社員が重症化しました。会社の責任が問われるのでしょうか。(2021/10/28)

連載「情報戦を制す人事」:
人的資本開示が、「企業の価値」を左右する 伊藤レポートが伝える、人材戦略“3つの視点”
後編では、人的資本開示の国内における動向をお伝えします。多くの人の知るところとなった「人材版伊藤レポート」のほか、国内ではどのような動きがあるのでしょうか。(2021/10/27)

連載「情報戦を制す人事」:
注目の「人的資本経営」入門編 財務諸表には表れなくても、企業が向き合うべき理由
未だ多くの人にとっては「聞き覚えはあるけれど、理解度はあまり高くない」といった状況の「人的資本経営」。利益に必ずしも直結しなくても、今こそ経営・人事が連携して着手しなければならない理由とは?(2021/10/27)

フォルクスワーゲン、ホンダなどの自動車販売会社Inchcapeのデータ活用【後編】
「GCP」と「RISE with SAP」を組み合わせて使う自動車販売会社 その狙いとは?
大手自動車販売会社のInchcapeはクラウドERPの「RISE with SAP」を導入し、そのインフラとして「GCP」を採用した。Inchcapeがクラウドサービス活用を進める理由と、同社のデータ活用に関する取り組みを説明する。(2021/10/26)

製造業DXが生む3つの価値(3):
“クラウドネイティブ”なERPは製造業に何をもたらすのか
製造業でも多くの関心が寄せられている「DX」。本連載では、DX基盤を構築したその先で、具体的に「何が実現できるのか」を紹介する。今回のテーマは「クラウドERP」だ。定義や海外ベンダーらの市況を紹介する。(2021/10/26)

副業の容認は朗報か:
ビジネスマンの給料の減少が止まらない。副業に走るしかないのか?
先日、国税庁から2020年の給与所得の統計が公表されたが、2年連続のマイナスだという。ビジネスマンの給料の減少が止まらない。(2021/10/25)

45歳定年制は、なぜ「45歳」なのか 日本企業の慣習と働かないおじさんの関連性
サントリー新浪社長の発言をきっかけに話題となった「45歳定年制」はなぜ、「45歳」なのだろうか。人事コンサルタントである筆者は、日本企業が行ってきた“人事制度の慣習”が背景にあると考えている。それはつまり、どういうことかというと──。(2021/10/25)

グループ企業の人材活用を高度化する
人的資本で企業価値が判断される時代に求められる人事システムとは
子会社が人事システムを個別最適で導入しているために、企業グループ全体で全ての人材を把握できないという悩みが聞かれる。人事戦略の最新トレンドと人的資本を最大限に活用する方法を専門家が解説する。(2021/10/25)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
M&Aで「離職者が急増」「旧出身社間の雰囲気が悪化」は、人事が解決できる
会社への不信感が生まれて離職者が増加、2社の価値観が融和せず、社内にしこりが残ってしまう──M&Aで起こりがちな問題を引き起こさないためには、「人事領域」での対応が欠かせない(2021/10/14)

事例を解説:
65〜70歳の定年再雇用 全ての社員を対象にしなければならないのか?
高年齢者雇用安定法が改正、2021年4月より65〜70歳までの就労支援措置が施行されました。企業が定年延長/廃止、定年再雇用といった施策を検討する場合、全ての従業員を対象としなくてはいけないのでしょうか? 事例を踏まえて解説します。(2021/10/7)

興隆するHRテック市場で、採用テックがなぜ今注目なのか?(後編)
海外では採用テックは採用のバリューチェーン(流れ)に沿って、CRM、ATS、オンボーディングという区分でさらに細分化されており、そこで製品もすみ分けがなされている。(2021/10/4)

興隆するHRテック市場で、採用テックがなぜ今注目なのか?(前編)
市場が急成長している採用テック。テクノロジーをてこに、採用の世界が効率化・高度化が進む「採用テック」が、今求められる理由は主に2つあるという。(2021/10/1)

社労士・井口克己の労務Q&A:
育児で多忙な社員が「休憩をなくした分、早く帰りたい」 希望はかなえられる?
育児で多忙な社員が「勤務中の休憩時間をなくして、その分早く帰りたい」と望んでいます。希望に沿って対応しても、問題ないでしょうか?(2021/9/30)

副業・兼業の留意点(3):
副業・兼業時の長時間労働 割増賃金はどちらの企業が払うのか、どう管理すべきなのか
副業・兼業をすると、労働時間は本業と合わせて長時間になります。このような場合、割増賃金の支払いは必要となるのか、どちらの会社が支払うのか、どのように管理すべきなのかといった問題が生じます。本記事では、その対応方法を説明します。(2021/9/30)

評価者が迷わない「人事評価マニュアル」づくり:
5W1Hを意識せよ 人事評価マニュアルをシンプルに、分かりやすくする視点
前回は、人事評価に関する無駄な労力をどのような視点で確認していけばいいのか、その着眼点について紹介しました。今回は、人事評価マニュアルづくりにおける工夫について、5W1Hの視点でご紹介します。(2021/10/6)

「下り」のコースも用意する:
評価、キャリア、ベテラン社員の扱い…… リスキリングを実施する際、人事が検討すべき施策とは
リスキリングを実施する際、評価には組み込むべきなのか。社員のキャリア設計はどう考えるべきか、ベテラン社員の扱い方は──リスキリングを実施する際、人事には悩みが尽きません。リスキリングの実施にあたり、準備しておくべき制度・施策6つを解説していきます。(2021/9/22)

Weekly Memo:
パブリックでもプライベートでもない「第3のクラウド」登場 脱オンプレからマルチクラウドまで見据えた内容とは
デジタル化の進展や働き方の変化でクラウドサービスが普及する一方「まだ多くのIT資産はオンプレミスにある」との独自調査を基に、IIJが新たな取り組みを始めた。脱オンプレの課題を解消しつつ「マルチクラウド」のニーズを意識したという内容から見えてくる、クラウド市場の今後とは。(2021/9/21)

連載「情報戦を制す人事」:
人事が会社を強くする! 必要性が高まる「リスキリング」のため、人事が今すべき3つのポイント
人事部門や教育担当部門にとって、従業員に対する学びの場の提供や、教育効果を高めるための施策の導入は重要なミッションです。しかし重要性は高くても、リスキリングは「学びの機会を用意して、終わり」ではありません。従業員の意欲の向上、効果の測定、魅力あるコンテンツ作り……導入に当たって、人事が取り組むべきポイントは多くあります。(2021/9/21)

Q&A 総務・人事の相談所:
「本人は優秀だが部下が辞めてしまう」プレイングマネジャーが増加、人事はどうしたらいい?
プレイングマネジャーのマネジメント力がバラバラで、部下が多く辞めてしまうような部署もある──こんなとき、人事はどうしたらいいのだろうか? 人事コンサルタントが解説する。(2021/9/13)

副業・兼業の留意点(2):
副業・兼業を認める前に、要注意! 確認すべき「6つの項目」
副業や兼業を認める場合、企業と従業員はどのような点に注意すべきでしょうか? 確認すべき「6つの項目」を、従業員視点・企業視点に分けて解説します。(2021/9/10)

三井化学は人事システム刷新と成長戦略をどうリンクさせるか グローバル人材部長・小野氏に聞く
化学メーカー大手の三井化学が人事システムを刷新中だ。グループ企業を含むグローバル全体でガバナンスを効かせつつ、人材の能力を引き出す仕組みを組み立てる。(2021/9/2)

「地方の家族と同居したい」と引っ越すテレワーク社員 出勤時の新幹線代は「出張扱い」になる?
「遠方の配偶者と同居したい」と新幹線通勤を希望する社員がいます。通勤は月に1〜2回ほどですが、移動費用は「通勤手当扱い」と「出張扱い」、どちらにすべきでしょうか?(2021/8/31)

「セルフサービスBI」ツールのメリット4選【前編】
企業が「Tableau」や「Qlik」を使うべき、ごくシンプルな理由
データアクセスと分析の民主化を目的とした「セルフサービスBI」ツールの導入が進んでいる。セルフサービスBIツールが企業に提供するメリットとは何か。まずは2つのメリットを説明する。(2021/8/30)

副業・兼業の留意点(1):
人事が「副業や兼業を導入・推奨する」際の基礎 知っておくべきデメリットとは?
近年、本業以外の副業や兼業の促進に注目が集まっています。本記事では、企業として副業や兼業を認める場合や、推奨する場合に押さえておくべきポイントについて整理します。(2021/8/27)

評価者が迷わない「人事評価マニュアル」づくり:
無駄をなくそう 人事評価をシンプルにする、2つの視点
人事評価に関する無駄な労力をどのような視点で確認していけばいいのか、具体例を交えながら紹介します。(2021/8/26)

ネオキャリア人事部長が語る:
「日本企業を変えられるのは、人事」 “経営の根幹”として求められること
働く人々や企業を取り巻く環境が大きく変化するなか、これからの人事の在り方をどう捉えていくべきだろうか。ネオキャリアの人事部長・割石正紀氏は、「日本の企業を変えることができるのは人事」だと語る。(2021/8/26)

「デジタル研修」を生かすヒント【後編】
従業員が研修を進んで受けたくなる「ゲーミフィケーション」「VR」の可能性
良質な研修用教材を用意しても、従業員の学習が続かなければ成長はない。意欲的に学習を続けてもらうために、企業はどうすればよいか。有効な手段となり得るのが「ゲーミフィケーション」「VR」の活用だ。(2021/8/26)

連載「情報戦を制す人事」:
雇用契約書の保管方法が変わる? 人事も必見の「電子帳簿保存法」改正のポイント
一見すると人事担当者には無関係にも思える「電子帳簿保存法」ですが、実は改正内容には、人事業務に関わるものも含まれます。人事も見逃せない、電子帳簿保存法の改正のポイントについて解説します。(2021/8/25)

社労士・井口克己の労務Q&A:
「資格の勉強で夜が遅くて……」 遅刻を繰り返す社員に、減給のペナルティーを科しても問題ないでしょうか?
遅刻を繰り返す社員がいます。業務に必要な資格の勉強をしていて、就寝が遅くなり寝坊してしまうようです。遅刻3回ごとに給与の1日分を減給するペナルティーを全社的に追加しようかと思うのですが、問題はあるでしょうか。(2021/8/24)

定年再雇用の潮流:
「60歳以降、賃金減額」の判例を知る 長澤運輸事件から変わった「傾向」
定年再雇用時の賃金に関する裁判例は多数あります。中でも2018年の長澤運輸事件が、最高裁の考え方を知る上で重要な判例です。長澤運輸事件を中心に、判例を整理します。(2021/8/10)

選択的週休3日制、「目的問わずに利用可能」は約8%
 Works Human Intelligence(東京都港区)は総合人事システム「COMPANY」のユーザーである大手法人46社を対象に、選択的週休3日制に関する状況調査を実施した。(2021/8/6)

PR:AI、サブスクで戦略人事を実現 多機能HRテックが中堅企業を支援
(2021/8/6)

Q&A 総務・人事の相談所:
専門職は「管理職よりも楽に給与が上がる」と批判殺到──人事はどうしたらいいでしょうか?
管理職と同等の貢献度のある社員を処遇するために専門職コースを新設。しかし、運用を始めると「専門職の方が管理職よりも楽に給料が上がる」と不満の声が──こんな時、人事はどうしたらいいのだろうか?(2021/8/2)

ハンザツな評価方法をやめたい! 評価者が迷わない「人事評価マニュアル」づくり
部下の目標設定と評価は、評価者が“1年間で最も苦慮する仕事”の一つではないでしょうか。成長を促したい、きちんと「頑張った結果」を評価したい、と思うあまり、評価表が複雑化してしまったり、人事が作成した運用マニュアルを読んでも、いまいちピンと来なかったり……。評価者が目標を設定しやすく、評価しやすくするためには、どのような工夫が必要でしょうか。(2021/7/29)

複雑な関係性をデータ化
人事管理分野で注目度急上昇の「グラフデータベース」
エンティティーの関係性に着目して管理・分析可能にするグラフデータベース。この技術が人事管理分野で注目されているという。(2021/7/29)

人事側のポイントも解説:
ビフォーアフターで見る、「目標管理」1on1の失敗例「課題を丸投げしてしまう上司」編
多くの企業が取り組む「目標管理」制度だが、なかなかうまくいかないケースも多い。その理由は、マネジャーと部下の間の温度感の違いにも起因する。では、どうすればいいのか。実際にあった1on1を基に振り返る。(2021/7/28)

「マネーフォワード クラウド人事管理」提供開始 従業員や組織情報の一元管理を実現
マネーフォワードは7月26日、「マネーフォワード クラウド人事管理」の提供を開始した。従業員情報の収集や管理におけるペーパーレス化と、従業員や組織情報の一元管理を実現する。(2021/7/27)

CIO Dive:
CXへの期待は今後5年で「ウーバー化」? いまCIOが関与すべき4つの技術分野
今後5年で顧客があらゆる企業に求める体験は大きく変化する。CIOはこの期待にどう対応すべきだろうか。リサーチャーや注目のスタートアップ企業トップはこの状況にどう立ち向かうだろうか。(2021/7/27)

日立の大改革【後編】:
日立のジョブ型移行を追う 10年続く人事改革で変わることと変わらないこと
日立はこの10年、グローバル化に見合うべく人事制度改革を続けてきた。そんな中、コロナ禍はプロジェクトにどう影響したのか。そして、2024年まで続く計画の全貌とは──?(2021/7/27)

Q&A 総務・人事の相談所:
18等級設けた新しい人事制度、社員に納得してもらうにはどうしたらいいでしょうか?
社員が増えたため、18段階の等級を設ける新しい人事制度を導入した。しかし、社員からの納得感が低い──そんなとき、どうしたらいいのだろうか?(2021/6/28)

キーワードは「国民性」:
「ターゲット賞与」とは? 今さら聞けない、日米の賞与制度の違い
チャレンジ精神を持つ米国と、同一性を重んじる日本では国民性が異なる。日米の「賞与の基本的な考え方」にも、同じような差異がある。今さら聞けない、日米の賞与制度の違いとは?(2021/6/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。