ニュース
» 2013年06月11日 17時24分 公開

ヴイエムウェアのネットワーク仮想化技術、NTT Comが採用

NTTコミュニケーションズは、クラウド製品の基盤にヴイエムウェアのネットワーク仮想化技術を採用した。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは、同社が提供するクラウドサービス製品「Bizホスティング Enterprise Cloud」の基盤に、ヴイエムウェアのネットワーク仮想化技術を採用する。ヴイエムウェアが6月11日、発表した。

 NTTコミュニケーションズは、サービス基盤にヴイエムウェアのネットワーク仮想化技術を組み込むことで、サービス利用企業のデータセンターとNTTコミュニケーションズのクラウド環境間を、顧客既存システムのIPアドレスを変更することなく、シームレスかつ柔軟に接続できる。これにより、クラウドへのマイグレーションが容易になるだけでなく、自社データセンター内にあるリソースとクラウド上リソースのシームレスな連携が可能になる。

 今回は、ソフトウェアで構築されたオーバーレイネットワークを利用している。これまでのような煩雑なネットワーク プロビジョニングが不要になるため、NTTコミュニケーションズによる顧客向けの設定・構築プロセスを大幅に簡素化すると同時に、運営コストや投資コストを削減できるという。

 NTTコミュニケーションズ クラウドサービス部長 理事の田中基夫氏は、「ヴイエムウェアの最新のネットワーク仮想化技術を利用することにより、従来のクラウド基盤間のシステム連携だけでなく、オンプレミス環境ともシームレスに連携できる。顧客のクラウドマイグレーションを支援していく」とコメントしている。

 今回の導入事例は、6月12〜14日に幕張メッセで開催される「Interop Tokyo」で、ネットワーク仮想化プラットフォーム事例として紹介される予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -