ニュース
» 2019年02月08日 12時00分 公開

忘れ物が届いた駅をスマホに通知――JR東日本、51駅で「MAMORIO」活用の忘れ物通知サービスを開始

JR東日本は、首都圏・新幹線の主要51駅で、紛失防止IoTタグ「MAMORIO」を活用した「お忘れ物自動通知サービス」を開始。忘れ物取扱所にMAMORIO Spotを設置し、MAMORIOを付けた紛失物が届けられると、持ち主のスマホに通知する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 MAMORIOとJR東日本は2019年2月6日、JR線を利用する乗客の忘れ物の早期発見をサポートする「お忘れ物自動通知サービス」を2019年2月18日から開始すると発表した。

 紛失防止IoTタグ「MAMORIO」を付けたバッグや財布などが、専用アンテナ「MAMORIO Spot」を設置した忘れ物取扱所に届けられると、その所在地を専用アプリをインストールした持ち主のスマートフォンに自動的に通知する。

Photo

 今回、首都圏・新幹線の主要51駅の忘れ物取扱所にMAMORIO Spotを設置して、忘れ物の情報を通知することで、忘れ物の早期の発見と引き渡しを支援する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -