ニュース
» 2019年07月02日 11時00分 公開

専用マシンとアプリのサブスクリプション方式:資生堂がとうとう“データ活用型”スキンケア発売 各顧客に最適化して提供

スマホアプリで測定した肌の状態などを分析し、その時の肌に適したスキンケアを専用マシンで配合して提供する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 資生堂は2019年7月1日、IoTを活用したスキンケアのパーソナライズドサービス「Optune(オプチューン)」の提供を開始した。

 肌は、気候や空気中の微粒子などの外的要因と、睡眠状態やストレス、気分、生理周期などの内的要因が複雑に関連して、日々刻々と変化する。Optuneは、専用のスマートフォンアプリ「Optune app」と、スキンケア剤が入ったカートリッジ「Optune Shot」をセットしたIoTマシン「Optune zero」を用いて、肌の変化に対応した最適なスキンケアを提供する。

Photo 写真左から、「Optune」の専用IoTマシン「Optune zero」、スキンケアカートリッジ「Optune Shot」、アプリ「Optune app」

リアルタイムで顧客の肌に“最適化”するデータ活用法

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -