ニュース
» 2020年03月04日 10時50分 公開

2020年以降、IT人材戦略はプロファイルベースに転換、「隠れた人材」の獲得が課題――ガートナー予測

ガートナーによると、2020年以降、デジタルビジネスを推進する上で不可欠なIT人材の獲得には、「プロファイルベース」の人材戦略が鍵になる。さらに国内企業にとっては、急増が見込まれる「隠れた人材」の獲得が課題になるという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパンは2020年3月3日、2020年以降のIT人材戦略に関する展望を発表した。IT人材不足の悪化が見込まれる中、企業は、従来の常識にとらわれない斬新なIT人材戦略を導入する必要があるという。

 優秀なIT人材の獲得は、デジタルビジネスの推進を成功に導く最大の要因の一つと考えられている。ガートナーが2019年に世界のCEO(最高経営責任者)や上級経営陣を対象に実施した調査によると、ビジネス戦略の実現に向けて改善すべき組織的能力の第1位は「人材管理」であることが分かった。

Photo 「人材管理」はビジネス戦略の実現に向けて改善すべき最大の項目(出典:ガートナー ジャパン、2020年3月)

「スキルベース」から「プロファイルベース」へ、人材戦略の転換が求められるワケとは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ