ニュース
» 2020年05月19日 11時00分 公開

DX需要で堅調の「第3のプラットフォーム」市場、新型コロナの影響受けるも、その今後は? IDC予測

IDC Japanによると、国内の「第3のプラットフォーム」向けITサービス市場は、クラウド、アナリティクス、モビリティ、ソーシャルの4つの主要技術分野とも堅調で、2021年以降もDX需要などにより、高成長の見込みだという。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2020年5月18日、国内の「第3のプラットフォーム」向けITサービス市場の2019年の実績と2024年までの市場予測を発表した。

Photo 2019〜2024年の国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場支出額(4つの主要技術分野別)(Source: IDC Japan, 5/2020) ※第3のプラットフォーム向けITサービスの4分野には、相互に重複する領域があるため、単純積み上げの総額は同市場の実際の総額とはならない

 国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場には、「クラウド」「ビジネスアナリティクス(BA)」「エンタープライズモビリティ」「ソーシャルビジネス」の4つの主要技術分野が含まれる。また、今回の市場予測では、2020年3月末時点における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響および見通しを考慮したものになっているという。

4分野とも2桁成長で市場は堅調、2021年以降は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ