ニュース
» 2020年06月26日 10時57分 公開

SAP、弥生など5社、社会的システムのデジタル化研究会を発足、2020年内に「電子インボイス」の標準規格策定へ

SAPジャパン、弥生など、会計ソフトを手掛ける5社が「社会的システム・デジタル化研究会」を発足し、「社会的システムのデジタル化による再構築に向けた提言」をまとめた。手始めに、2020年内年内に「電子インボイス」の標準規格を策定し、2021年にシステム開発に着手する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 SAPジャパン、オービックビジネスコンサルタント(OBC)、ピー・シー・エー、ミロク情報サービス、弥生の5社は2020年6月25日、社会全体のデジタルトランスフォーメーション(DX)を目指すことを目的に、「社会的システム・デジタル化研究会」(通称:Born Digital研究会)を発足し、「社会的システムのデジタル化による再構築に向けた提言」を発表した。

Photo

「社会的システム・デジタル化研究会」が目指す社会全体の抜本的向上とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ