ニュース
» 2020年06月29日 09時10分 公開

日立と日本マイクロソフト、製造/ロジスティクス分野のソリューションで提携 東南アジア、北米、日本へ展開

日立製作所と日本マイクロソフトは、東南アジア、北米、日本での製造/ロジスティクス分野のデジタルソリューションの展開で戦略的提携を締結。日立のソリューション群「Lumada」と「Microsoft Azure」などを組み合わせ、生産性向上や業務効率化を支援する。第1弾は、2020年7月からタイで開始する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日立製作所(以下、日立)と日本マイクロソフトは2020年6月26日、東南アジア、北米、日本における製造/ロジスティクス分野向け次世代デジタルソリューション事業に関する複数年にわたる戦略的提携に合意したと発表した。

協業第1弾としてタイの製造/ロジスティクスを支援

 第1弾として、日立は、2020年7月からタイ王国で同協業に基づくソリューションの提供を開始する。

 今回の提携で両社は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴う遠隔地での保守や自動化・省人化の需要拡大に対応したソリューションを提供し、ウィズコロナ/アフターコロナの新常態(ニューノーマル)における企業の復興・変革を支援するとしている。

 具体的には、日立は、先端デジタル技術を活用した「マニュファクチャリング/ロジスティクスメンテナンス」を実現するソリューション群「Lumada(ルマーダ)」や、日立産機システムのIoT対応産業用コントローラー「HX シリーズ」と、Microsoftのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」「Dynamics 365」「Microsoft 365」などを組み合わせ、企業の生産性向上や業務効率化を支援する。

 また、両社は、同協業を展開するために必要な「デジタル人財の育成」も共同で進める。

日立主体で展開する3つの製造/ロジスティクスソリューションとは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ