ニュース
» 2020年07月22日 15時30分 公開

AI-OCRでデジタル化した紙文書を業務システムに自動で連携 DALがEDI統合システムを発表

データ・アプリケーションは、AI-OCRを活用した紙文書のデジタル化から、システム間のデータ連携までを統合化するソリューション「OCRtran」を発表した。取引先との紙やFAXを使った取引方法を変えず、自社内の文書をデジタル化し業務を効率化する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 データ・アプリケーション(以下、DAL)は2020年7月21日、紙文書をデジタル化し、業務システムに連携するソリューション「OCRtran(オーシーアールトラン)」を発表した。同年8月3日から販売を開始する。

Photo 「OCRtran」のサービス構成イメージ(出典:データ・アプリケーション「OCRtran」

 OCRtranは、EDI(Electronic Data Interchange:電子データ交換)をオールインワンで実現するパッケージソリューションだ。AI(人工知能)を利用した光学文字認識機能であるAI-OCRを利用し、紙文書やFAXのデジタルデータ化から、データ変換、業務システムへの連携までを統合する。

 DALによると、日本企業では、依然として大量の紙での文書作成業務が発生している。こうした業務は、デジタルトランスフォーメーション(DX)や、働き方改革に伴う業務効率化、ペーパレス化の推進を妨げている。また、企業間取引では全ての取引をデジタル化できず、紙やFAXでのやりとりが残っているのが実情だという。

EDI業務の自動化も OCRtranの特長とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ