ニュース
» 2020年07月29日 10時10分 公開

世界の5Gネットワークインフラ支出、2020年は2倍成長 2023年までにCSPの15%がスタンドアロン5Gを運用――ガートナー予測

ガートナーによると、2020年の世界の5Gネットワークインフラ支出は前年比約2倍の81億ドルになる。5Gへの投資は今後も拡大し、2023年までには世界の通信サービスプロバイダー(CSP)の15%がスタンドアロンの5Gネットワークを運用するようになると予測する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)は2020年7月28日、2020年の世界の「5Gネットワークインフラストラクチャ」に対する支出は、2019年のほぼ倍となる81億ドルに達する見通しであると発表した。

 2020年の世界の「無線インフラストラクチャ」に対する支出総額は、前年比4.4%減の381億ドルに達すると予測する。

世界の5Gネットワークインフラ支出、2020年に21.3%に その要因は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ