ニュース
» 2020年08月03日 11時00分 公開

“エッジAIカメラ”でオフィスの「3密」を回避――野村総合研究所が発表

野村総合研究所(NRI)は、オフィスにおける新型コロナウイルス感染症対策として、AIカメラでマスク着用の有無を判断する「NRI AI Camera for Office」の提供を開始した。撮影画像は、カメラ側でエッジ処理し、画像データを含まない解析データだけをクラウド側に送信するため、機微情報の漏えいリスクを最小化できる。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 野村総合研究所(NRI)は2020年7月31日、オフィスにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、個人情報の保護に配慮した安全・安心なAI画像解析ソリューション「NRI AI Camera」を開発し、オフィス向け製品「NRI AI Camera for Office」として同日から提供を開始すると発表した。

 NRI AI Camera for Officeは、執務エリアや会議室などオフィス内における「3密」を回避するため、従業員が「マスクを着用しているか」「近接していないか」などを、AIカメラが自動的に認識するソリューション。マスク未着用の場合は、音声で注意を促す。

AWSを活用「NRI AI Camera for Office」でスタッフの顔を解析する仕組みとは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Native Leaders

注目のテーマ