ニュース
» 2020年08月24日 09時40分 公開

三井住友海上、社員の働きがいと生産性の向上に向け、従業員エンゲージメント解析ツールを全社導入

三井住友海上は、アトラエ、日本生産性本部と連携し、エンゲージメント解析ツール「wevox」を全社導入して、従業員エンゲージメントと生産性の向上を図る取り組みを開始した。wevoxによる「組織サーベイ」の結果を基に組織の課題を可視化し、現場主導の組織改善を進める。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 三井住友海上火災保険(以下、三井住友海上)、アトラエ、公益財団法人日本生産性本部の3社は2020年8月20日、従業員のエンゲージメントと生産性の向上を図る取り組みを開始したと発表した。

 三井住友海上は、アトラエのエンゲージメント解析ツール「wevox(ウィボックス)」を導入し、3社連携の下、生産性向上に関する施策に取り組む。

 アトラエはwevoxの提供、生産性向上と経済発展の推進機関である日本生産性本部は運用支援を通じて、三井住友海上の従業員エンゲージメント向上を推進するパートナーとして連携していく。

wevoxによる従業員エンゲージメントの活用効果は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ