ニュース
» 2020年09月01日 15時00分 公開

日立、再生医療等製品のトレーサビリティプラットフォームを開発 2021年に実用化へ

日立製作所は、「再生医療等製品」のバリューチェーンのトレース情報を統合管理するプラットフォームを発表。医薬品卸のアルフレッサなどと共同開発した。2021年から実運用を開始し、再生医療等製品に関する共通サービス基盤を目指す。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日立製作所(以下、日立)は2020年8月31日、アルフレッサ、製薬企業、医療機関などと共同で、「再生医療等製品」のバリューチェーン全体のトレース情報を統合管理するプラットフォームを構築したと発表した。

 厳格な品質管理と情報のトレーサビリティが必要となる再生医療等製品に関して、検体の個体識別と細胞の採取、生産、輸送、投与の情報をトレースできる。再生医療等製品に携わる医療機関、製薬、物流、製造企業などのバリューチェーンに関わるステークホルダーが利用できる共通サービス基盤として、2021年の実用化を目指す。

Photo 再生医療等製品に関するバリューチェーンのトレーサビリティプラットフォームの概要

日立が目指す再生医療等製品のトレーサビリティプラットフォームとは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ