ニュース
» 2020年09月28日 07時00分 公開

“脱ハンコ”を一括で支援 バックオフィスを救うコンサルサービスとは?

パーソルプロセス&テクノロジーは、電子契約導入のコンサルティングサービスを開始した。既存業務プロセスの見直しから、電子契約業務を推進するRPAツールやAI-OCRの導入と活用支援までをトータルでサポートする。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 パーソルプロセス&テクノロジー(以下、パーソルP&T)は2020年9月24日、電子契約や電子サインの導入と活用を支援する「電子契約導入コンサルティング」の提供を開始すると発表した。既存業務プロセスの見直しから、電子契約業務に必要なRPA(Robotic Process Automation)ツールやタスク管理ツールの導入と活用までを支援する。

 パーソルP&Tによると、テレワークに見られるニューノーマル(新常態)な働き方が求められる中、経理や総務などのバックオフィス部門において「業務の承認や契約処理のために出社せざるを得ない」ケースがあったという。

 同社は、今回のサービスを提供した理由について「2020年3月の税制改正により、電子帳簿保存法の条件が緩和されたことも追い風となった」とし「物理的制約のある契約書管理や承認業務の見直し、業務プロセスの再構築に高い関心が寄せられている」と述べた。

選べる電子契約サービス 用途に合わせて選択可能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Native Leaders

注目のテーマ