ニュース
» 2020年09月28日 12時00分 公開

日立、シリコンバレーの研究所に5Gテスト環境を構築 産業ソリューションの創出を急ぐ

日立はエリクソンと共同で、シリコンバレーリサーチセンターに専用5Gネットワークを構築した。日立の「Lumada」と組み合わせ、各種産業向けの5Gソリューションの開発を加速する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日立製作所(以下、日立)は2020年9月25日、通信機器メーカーであるEricsson(以下、エリクソン)の協力のもと、日立アメリカの研究開発部門の一部である米国カリフォルニア州のシリコンバレーリサーチセンターに、専用5G(第5世代移動通信システム)ネットワークを構築したと発表した。

 この専用5Gネットワークは、日立アメリカとエリクソンが北米での5Gソリューションを検証するテスト環境となる。今後、5Gネットワークと日立のソリューション群「Lumada」のプラットフォーム技術を活用し、各種産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するソリューションの開発と検証を進める。

 また、専用5Gネットワークは、顧客企業に日立の顧客協創アプローチに参加してもらい、DXを加速させる場としても活用していく方針だ。

5Gと自社ソリューションを産業用ロボットに応用、その勝算は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ