ニュース
» 2020年10月01日 11時00分 公開

カギを握るのはIT部門ではない? RPAソフトウェア市場拡大の理由とは

ガートナーによると、世界におけるRPAソフトウェアの売上高は2021年に20億ドル近くに達する見通しだ。コロナ禍の経済的な圧力にもかかわらず、2024年まで2桁成長で市場拡大すると予測する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)2020年9月30日、世界におけるRPA(ロボティックプロセスオートメーション)ソフトウェアの市場予測を発表した。

世界のRPAソフト市場、2024年まで2桁成長の理由は?

 2021年の同市場の売上高は、前年比19.5%増の18.9億ドルに達する見通しだという。

Photo 世界におけるRPAソフトウェアの売上高(単位:百万ドル)(出典:ガートナー ジャパン、2020年9月)

 さらに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)による経済的な圧力にもかかわらず、RPA市場は2024年までに2桁の成長率で拡大すると予測している。

 米ガートナーによると、RPAプロジェクトの主な推進要因となるのは、「プロセスの品質」「スピード」「生産性を向上させる能力」であり、COVID-19の危機下でも、コスト削減を考える組織にとって、それらの能力はますます重要になっているという。企業は、RPAソフトウェアに投資することで、デジタル最適化の取り組みを迅速に進められる。

 また、市場推進の背景として、RPAの平均価格は2020年末まで10〜15%下落し、2021〜2022年には年平均5〜10%下落すると予測している。

コロナ禍でRPAへの関心が上昇、市場への影響は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ