「2カ月で導入展開までを実現」 UQ WiMAXの基地局建設業務システムが刷新

UQコミュニケーションズは、日本オラクルの「Oracle Cloud Infrastructure」と「Oracle Database Cloud」を導入し、「UQ WiMAX」の基地局建設業務を担うシステム基盤を刷新。システム運用効率の向上と災害発生時の事業継続性を強化するとともに、運用/コスト効率向上を図った。

» 2020年10月05日 11時15分 公開
[金澤雅子ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本オラクル、アシストは2020年10月2日、UQコミュニケーションズが提供する「UQ WiMAX」の基地局建設業務システムのクラウド移行と障害復旧(DR)環境の構築に「Oracle Cloud Infrastructure」が採用されたと発表した。

 UQコミュニケーションズでは、DR環境を含む基地局建設業務システムの全面的なクラウド移行により、システム運用効率の向上と災害発生時の事業継続性を強化し、システム運用コストを3分の1まで削減できると見込んでいる。

「Oracle Cloud Infrastructure」で災害対策サイトを構築 3つのメリットとは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR